決まりを守り過ぎるとどういうことになるか…

以前、伊豆半島を走る電車の中での携帯電話の使用について書きました。

世の中にはとても律儀な人たちがいます。

でもそれは日本だけではありません。

何年か前のデュッセルドルフ、マラソンの時。

物凄い律儀なドイツ人女性を見かけました。

コースが丁度U字になっている所でした。

マラソンでは、そのペースによって人混みができる所と、スカスカのところがあります。

私が通りがかったそのU字の部分。

U字に向かう行きの方は人混みでコースが一杯。

折り返しの方はガラガラです。

両方のコースの境には、三角コーンが並べてあるだけ。

混んでいる方の数人は、ガラガラの方にはみ出して走っています。

当然と言えば当然の光景(?)…

そこでびっくりした行為に出たドイツ人と思える女性ランナーがガラガラの方のコースに現れました。

その人は、混んでいるコースの人たちに「線からはみ出るな〜!」と言わんばかりに、ガラガラの方のコースの三角コーンギリギリを走っているのです。

律儀と言えば律儀。

融通が効かないというか何というか…

そう言えば以前、漁船にぶつかった海自の乗組員が、上司の命令が出ないからとか何とかで、溺れる漁師を見殺しにした事件がありました。

律儀も行き過ぎると…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

決まりを守り過ぎるとどういうことになるか…」への1件のフィードバック

  1. 律儀すぎる、上司の命令や規則を強く守って、融通が利かないと、マイナスの結果になることがありますね。一方、杉浦千畝さんは規則や上司の命令を守らなかったため、英雄になりましたね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。