スイスの大富豪から届いたメール

今回、日本から来た依頼主はお子さま連れでした。

家族5人でビジネスクラス…汗💦

スイス人大富豪のコレクションの数々の車は撮影禁止ですが、子どもがシートに乗ることは許してくれて、その姿の撮影もOKでした。

許してくれるというよりは、むしろ「乗ってみない?」と勧めてくれていました。

基本的に彼は好好爺(こうこうや)といった感じです。

いえ、自分を棚に上げて相手をお爺ちゃん呼ばわりは失礼かもしれません。

それでも私よりひと回り位は歳上でしょうか…

「子どもがスーパースーパーカーに座った撮影はOK!?」

じゃあ、ひょっとして…

気を良くした私は、ついついずうずうしく…

「撮影を許してくれたこの画像はブログに載せても大丈夫ですか?」

という私の質問に、ブログがインターネット上での公開を意味することを理解するのに少し時間がかったのか…

答えは「No」…笑。

残念!… ⬅︎ それにしてもしつこい私…笑。

そこで思いついたのが…

「ひょっとしたらインターネットで彼の情報が何か出てこないだろうか?」

と、探してみて出て来たのが前回のリンクでした。

我々に撮影を禁止しているのに、インターネットで堂々と出ているではないか!

ちょっと、いまいましい…笑。

撮影の最中に、子どもを写した写真を後で送って欲しいと言われていたので送りました。

撮影の際に、わざと少しズームアウトして、後ろの方にずらりと並ぶ車がたくさん見えるように写したので、イチャモンが付くかと心配でしたが…

そのメールの返事に、まずは短いお礼が届いたのですが、それはまあ普通としても、さらに1日経って再びメールが届きました。

日本から来たお客さんに付いて来た、単なる通訳に対してのメールにしてはちょっと長めです。

その内容は、彼の過去のことが書いてありました。

簡単に

まとめると、あの約200台のスーパースーパーカーは、幸運か何かで手に入れたのではなく、親から引き継いだ赤字会社を休暇や週末無しであくせく働いて立て直した末に集めたことを強調したかったようです。

悪い癖である私の好奇心とその執拗な質問が、彼にこのようなメールを書かせることになってしまい、大変申し訳なく思います。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス,
スイスの大富豪から届いたメール」への3件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    夢にすら大富豪になった自分は出てこない。
    想像もできないという悲しい自分。

  2. 有子 より:

    簡単に大富豪になれる人は、ほんの一握りでしょうね。
    皆さん努力の積み重ねで、それぞれの人生を切り開いているということなんですね。
    優しい老紳士の姿が目に浮かびます。

    言葉を引き出す才能に拍手👏

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。