日本(人)とドイツ(人)の違い ➖ 気配りゼロのドイツ人と、気配りが過ぎる日本人

先日行った地元の日本食レストランでの出来事です。

隣の5人がけのテーブルに、ドイツ人が1人で座って食事をしていました。

お店の混み具合は9割ほど。

「ドイツ人はやっぱり気が利かないな〜」

日本人なら普通、そういう時に5人がけのテーブルに1人では座りません。

と思っていた瞬間、その向こうのテーブルには日本人の夫婦が座っていました。

その奥さんが、唐揚げか何かにレモンをかける仕草が見えました。

日本人の間では一般的(?)な、レモンの飛び汁が周りに飛ばないように、レモンを絞る時に空いた方の手をそこに添える仕草です。

でもよく見ると、手を添えたその方向には誰もいないのです。

強いて言えば、1m近くは離れた所にそのドイツ人の背中があるだけです。

つまり、意味のない添え手なのです。

気配り、あった方が良いのでしょうか、無くても良いのでしょうか…

* 念のために、気配りのあるドイツ人もいれば、気配りがない日本人もいます。あくまでも単なる傾向です。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

日本(人)とドイツ(人)の違い ➖ 気配りゼロのドイツ人と、気配りが過ぎる日本人」に2件のコメントがあります

  1. 私も添えるよ、人がいなくても。だって周りに飛び散るのレモンがもったいない。
    添えた手にレモンがつけばそれを舐めます。コロナが流行っているから、今はちょっと
    手を舐めるのはしないけど、必ず手は洗ってます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。