デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし…

昨年末に、IT 業界で現地法人設立のサポート中のお客様の会社登記が済みました。

そこで今度はビザ取得です。

早速、朝早くに(とは言っても8:00時)、外人局に並びに行きました。

並んでいる人数は15人ほど。

待ち時間は1時間ほどでした。

大事な情報: ビザ申請には、インターネット経由等でアポを取る方法がありますが、それは無視して下さい。インターネットで申し込んでも、返事さえ来ないことが多いのです。

なので、直接外人局に行って並ぶのが一番です。

詳しい場所の説明はこちら(https://worholi.jimdofree.com/ドイツ生活ガイド/デュッセルドルフのビザ申請/)をご覧下さい。

正式なオープンは7:30ですが、7:00 頃から既に並んでいます。

お勧めは、遅くとも8:00時には行って並ぶことです。

その日は、1時間ほど並んで受付に呼ばれて、その後更に1時間ほど待たされて受付担当者のテーブルに付きました。

必要な書類が全て揃っていれば(https://www.netdesumai.de/お役所関係/滞在-労働許可証/就労ビザ/)、そこでビザ申請のためのアポをもらいます。

「何月何日何時に、担当者Xさんの所に来て下さい」

となります。

そこで今回言われたのが、「次に受付可能なのが9月24日です…」

相手は普通に言ってきます。

冗談でしょ!

私はすぐに、

「は〜〜〜? 今日はまだ1月ですが!」

受付の人は…:

「それ以前はもう全て一杯なのです」

その答えを聞いた私は…:

「ちょっと待って下さい。この人は今回社長としてビザを申請します。もしこの人のビザ申請が9月から始るのであれば、登記が済んだばかりのこの会社はすぐに潰れてしまいます」

少し粘ったあげく、目の前の担当者は上の者に相談に行き、結局は実務の担当者に回してくれました。

目の前の担当者=アポを決めるだけ

実務の担当者=ビザ申請を受理する人。

実務の担当者からは色々とうるさいことを言われるものの、何とかビザ申請を受理してくれて、約8ヶ月の待ち時間は免れることができました。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 国籍・滞在ビザ, 時事, 法律, 住まいと暮らし
デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし…」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    厳しいですね。やはり移民問題が関係するのでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。