ゴーンさんと、第二次世界大戦終了時の日本軍将校の行動の違い

99%以上の有罪率で、日本の検察がいくら異常だとしても、逃げたらそれはアウトを意味します。

対照的なのが、第二次世界大戦が終わった時の、各戦地に散らばっていた、あるいは日本にいた当時の日本軍の将校たち。

戦勝国アメリカが有無をいわせずに処刑してしまいましたが、そこから逃げた例というのを聞いたことがありません。

名を取るか、実を取るか…

ルース・ベネディクトさんがその著書『菊と刀』で言うところの恥の文化。

日本人は名を取るようです。

今回実を取った(ように思える)ゴーンさん。

大掛かりに国外脱出をした割には、脱出してもしなくても、大きな差はないように思えます…

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, ビジネス, 文化, 日本、日本人について, 時事
ゴーンさんと、第二次世界大戦終了時の日本軍将校の行動の違い」への6件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    どこの新聞社もテレビもそれを言ってます。でもアメリカへ逃げても
    逮捕権は大統領権限だから、トランプさんはオッケーでも変われば全く
    わかりません。ゴーンさんの家、豪邸とは
    言い難いよ。日産の元別荘のはずです。

  2. T.Aoshima より:

    ご存じの通り、日本の有罪率が高いのは検察官の出世に影響するので勝ち戦しかしないため、負けそう(証拠が揃わない・自白を引き出せない)な場合は起訴猶予(あくまでも猶予であって不起訴=無罪放免=検察の負けではないとこもポイント、笑)という処分でお茶を濁してるんですよね・・・。

    有罪率の高さをチラつかせて、脅しまがいに揺さぶり掛けて自白を引き出すなんてことも・・・。

    菊と刀ですか・・・またなんとも言えないネタが。(^^ゞ

  3. 佐藤ようこ より:

    実?は取れたのでしょうかゴーンさん。銀行から引き出し金額まで決められているベイルートで。
    逃亡され、15億円没収されたのに、三千万返せとルノーに言っているところを見るとお金あっても使えない状態続いてそうな気がします。
    自国の国民に「成功者であっても、英雄ではない」と言われて。
    私は彼の大げさなジェスチャーと45度につり上がった眉が嫌い。
    日本の司法が及ばないところへ逃げて、日本の悪口三昧とは負け犬の遠吠えさながら。
    どうぞ、ハリウッドで映画づくりに勤しんで欲しいです。まあアメリカとは犯人引き渡し条例が
    あるからまた逮捕覚悟はしなくちゃね。

佐藤ようこ にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。