ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった…

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行きました。

昔から腰が重い(比喩ではなくて現実に)ものの、お尻に痛みが走ったのは初めてです。

知人、デュッセルドルフのビジネスマンレジェンドが腰椎の手術で成功したと聞く訪問先の外科医はドイツで10本の指に入るそうです。

早速予約をとって行ってみると、3回通って注射13本…

ドイツトップテンは嘘ではないとは思いつつ、ずうずうしい私は、ついその根拠を聞いてしまいました。

そして示されたのがこれ。

本当だ…

ちなみに坐骨神経痛はお尻までだとまだ軽傷で、足の方まで行くと厄介だそうです。

このお医者さんでは、お尻までの痛みだと注射で、足までいくと手術だそうです。

そして私の場合は計3回、6本、5本、2本で13本。

ところが、足まで痛みがいった、私より年配の人が僅か1回きりで1本のみの注射で治っている事実を知りました。

そのお医者さんはプリンツェンパークで開業しているそうです…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。