通訳のお仕事 8 – MEDICAの通訳任務も無事に終わり、思いがけないご褒美が…

依頼主の CREWT社の創業社長、江口さんとメッセ会場でお別れとなりました。

江口社長:

「川崎さん、ありがとうございました」

ごくごく当たり前の言葉で、私も同じようにご挨拶しました。

そして続いて…:

「川崎さんにお会いできて嬉しかったです…」

私:

「ありがとうございます。そう言っていただけるとウソでも嬉しいです!」

そして心の中では…:

「よっしゃ〜、やった〜!」

とついつい(心の中で)ガッツポーズ…笑。

僅か3日間でこのお言葉をいただくのは容易ではありません。

1週間以上ご一緒させていただければ、そう言っていただけることをして差し上げるチャンスも出ますが、僅か3日では…

誠心誠意、仕事をさせていただいた甲斐があり、疲れもいっぺんで吹き飛びます。(実際には面白かったので、全然疲れてませんが…笑)

いえ、本当はガッツポーズではなくて、木に登ってしまいそうでした。

何しろ私は「おだてると木まで登ってしまう…」

日本側から提供された、「とても的外れの資料」には苦労させられましたが… ⬅︎ 詳しくは前回分(通訳のお仕事 7 – 通訳代金を騙された?)

独自の調査で有力な代理店候補が2つも見つかりました。

そして他にも何点か気を配りました。

例えば次のキャリー

自作、お手製のカバン運び用キャリーです。

チャックが壊れて使えなくなり、いつか粗大ゴミで出そうと思っていたキャリー付きカバンのフタを切り取って作ったものです。

江口社長が持っているビジネスバックがやや大きいのにもかかわらず、肩から吊る紐がなく、持って展示会場を回り続けるのが重そうに見えたので、それを何とか軽減して差し上げたく…

これなら重いカバンを持つ必要がなくて、しかも必要な時に取り出しが簡単。

勿論、私が引っ張って差し上げました。

「えっ、通訳ってカバン持ちもするの?」

「依頼主のビジネス遂行に良かれと思ったことは何でもします!笑」

そうすると、天からご褒美があるのです!笑。

詳しくは、通訳のお仕事 1〜5、あるいはこのサイトのトップページを!

(ちなみにこういった気配りは、まだまだ前田トシさんにかないません…)

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: イベント, ドイツの暮らし, ビジネス, 健康, 医療, 医療と健康, 各種サービス, 日本、日本人について, 時事

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。