デュッセルドルフ市長から受けた印象

先日、デュッセルドルフ市長に招待されました。

デュッセルドルフ市は、人口約60万人のドイツの都市で、最も多くの日本人が住んでいます。

その数は町の人口の約1%。

そのほとんどは駐在員の人たちです。

その時に招かれたのは十数人。

だからそれほど驚くことではないのかも知れません。

招かれた理由は、デュッセルドルフの中央駅前を月一、有志で掃除をしていることでした。(詳しくはこちら)

おこがましくも、その時の市長の人間的な印象です。

「さすが市長、立派な政治家…」

頭が切れそうでよく喋る…

これをポジティブに取るか、ネガティブに取るかは皆さんにお任せします(笑)。

一つだけ間違いなく言えることは、本気で町を綺麗にしようと思っていることです。

そうでなければ、こんな集まりを計画しません。

しかも、もし知らなかったら教えて差し上げようと思っていた「割れた窓理論」を知っていたのです。

それだけでも評価でき、本気度が伺えます。

デュッセルドルフ市長が、今後どうしても気になる人物の1人になりました。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。