ドイツ(人)と日本(人)の違い、交差点でのタイミング

(オリジナルはこちら → http://www.netdeduessel.com)

後ろから来る車に、たまにクラクションを鳴らされることがあります。

例えばそれは支線から本線に合流した時。

スピードも車間距離も十分なのに、クラクションを鳴らされたり、パッシングをされたりすることがあるのです。

物理的には相手の邪魔をしていないのですが、どうやら気分的に邪魔をしたようです。

ただ単に、自分の前に入られたという気分侵害です。

勿論、ドイツの全てのドライバーがそうであるわけではありません。

一部です。

日本では、特に人口密集地では日本ならではの交差点でのルールがあります。

交差点でこちら側から来て曲がる車と、向こう側から来て曲がる車が、上手いタイミングで譲り合って渋滞を緩和しています。

全てのドライバーではなく、それが分からない鈍臭いドライバーも勿論います。

でもドイツでは、そのような気の利いたタイミングでのスムーズな動きは望むべくもありません。

ゆとりの国だからです。

せっかちな日本人とは違います。

ちなみにドイツでは、遮断機が下りていない踏切では一時停止しません。

よって、そこで日本的に一時停止しようものなら、後ろから来る車にクラクションを鳴らされます。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

ドイツ(人)と日本(人)の違い、交差点でのタイミング」に2件のコメントがあります

  1. えええーーーーー
    日本では、踏切一時停止しないと、絶対ダメ。
    ちょっとこわいな、ドイツ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。