気配りは日本人の専売特許?

では決してありません。

ケルンの大きな食料品メッセで偶然に知り合ったイタリア人、日・英・伊の通訳、驚くほどの気配り…

正に「痒いところに手が届く」女性でした。

いえ、正確に言えばそれ以上。

お嫁さんとして絶対お勧め。

いや、尻に敷かれるかも…

「痒いところに手が届く」のは、相手が既にどこかが痒くて、「かいて〜!」を欲している状態。

実は本当の気配りはそれでは既に遅過ぎです。

本当の気配りは、ほんの僅かにその手前。

気配りの手が差し伸ばされた瞬間が痒くなり始めで、丁度「かいて〜!」を欲したくて気が付いた時。

本当に僅かなタイミングですが、その差は雲泥の差。

ほんの僅かに早ければハズレ(勘違い)かもしれないし、遅過ぎたらもう気配りではなくなってしまいます。

そんな絶妙なタイミングも持ち合わせたのが彼女でした。

日本語がペラペラなので、間違いなく日本ファンだと思いましたがその通りで、いつかは日本に住みたいそうです。

気配りは日本人の専売特許のように思いがちですが、そんなことはありません。

ドイツ人にも素晴らしい気配りの人がいます。

つまり国籍ではありません。

多分、子供の頃は躾や家庭の環境に影響され、大人になってからは考え方でしょうか?

でも日本人に多いのは間違いありません。

ちなみに彼女にそのことを聞いてみると、子供の頃に躾られたのが半分、3年間日本に住んだ影響が半分だそうです。

さて、この写真から、そんな気配り達人(?)の2人でも差が出ているのが分かりますが、何でしょうか?

これが分かる人は、かなりの気配り達人です!

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

気配りは日本人の専売特許?」への1件のフィードバック

  1. イタリア人女性何ですか。美人で気配りできて、日本がお好きで、
    何とまあ素晴らしい女性なんでしょう。気配りのかけらもない粗忽な私は恥ずかしいばかり。
    病み上がりの私、療養中で、ああこの美味しそうなお肉食べたいよー。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。