拙宅(ドイツ)に下宿する、かわいそうなイラク人

市が発表する統計を見ると、デュッセルドルフの人口が、2010年からは常に60万人を超えるようになりました。

17年間、毎年約1.2%増です。

そう聞くと、大したことがないように思えますが、その人数は実に約7千人です。

自然増(出生 − 死亡)はその内僅か約10%。

元々デュッセルドルフは外国人が多くて5人に1人以上が外国人ですが、ここ数年は難民が一挙に増えました。

それだけの住人が増えれば、住宅が不足するのは当たり前です。

どういうわけか、ドイツではなくオランダの仮設住居製造業社が受注して、多くの難民キャンが作られはしましたが、まだまだ足りません。

多く転入してきた住人を国別で見てみると、日本人は何と上から4番目。

でも、ほぼ同数の日本人が転出(帰国)しているので、プラスマイナスでは微増です。

ダントツで増えているのはシリア人。

続いてイラク人、アフガニスタン人、イラン人と続きます。(日本人は勿論表外)

そしてうちにはイラク人が1人下宿していますが、とてもかわいそうなのです。

元々はジェット機のエンジニアです。

お父さんとお兄さんは大使という良い家の出。

彼はエアバスの大型ジェット旅客機、A380の部品を設計していました。

そしてハンブルグのエアバス社も彼に職場を用意して1年程も待ってくれていました。

ところがダメなのです。

デュッセルドルフの外人局が、デュッセルドルフ以外で仕事をすることを許してくれません。

生活費の援助が出ているのですが、パスポートを返してもらえないので国外に行くことも出来ません。

求められているハンブルグのエアバス社に勤務すれば、高級(?)取りです。

それが就職を妨げられて、税金から援助を受けているのです。

彼自身がそれに不満を持っている通り、何かおかしくないでしょうか?

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

拙宅(ドイツ)に下宿する、かわいそうなイラク人」に7件のコメントがあります

  1. 技術職なのに。
    ドイツもこういう人大事にしないとダメですよね。

  2. 弁護士に口きいてもらってなんとかしてもらえないのでしょうか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。