SUVを作るメーカーの罪

「お〜、デブ!」

「ある人は愛し、ある人は憎む: SUV。オフロードのキャラクターを持つこの車は何が魅力なのか、本当に環境に悪いのか?」

と言う見出しで、以前から気になっていたSUVの記事が地元のドイツ新聞の一面に出ていました。

なぜ前から気になっていたのか…

邪魔だからです。

この手の車の後ろについてしまうと前が見えません。

特に高速道路では、数台前の車まで見えないと危険です。

でも、こういう車の後ろについてしまうと、まるで前にトラックがいるかのように前が見えません。

それと駐車場。

こういう車の横は狭くてもう停められません。

いえ、こういう車の幅は広過ぎて、最初から迷惑駐車が多いです。

今日の道路交通事情に合っていないのです。

愚の骨頂は、以前ドイツで見た、日本の大手車のメーカーのSUVの宣伝。

映画館の中で、4席だけSUVを連想させるように高く浮き上がっていて、映画がよく見えると言いたげな宣伝でした。

後ろの人は一体どうなるの?

あのメーカーらしからぬ、とても馬鹿げた宣伝でした。

SUVがまだなかった頃も、ジープなどの大型車はありました。

そのファンも勿論いるので、見かけることもありました。

でも見かける(接する)頻度は稀でしたし、ジープなどのオーナーはその辺の気を付けていたような気もします。

ところが今は、メーカーが売り上げを求めてSUVを開発、売り出して数台(?)に1台はSUVになってしまいました。

ドイツよりも道が狭い日本でも、まさかこんなにでかいSUVが幅を利かせているのでしょうか?

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

SUVを作るメーカーの罪」に3件のコメントがあります

  1. 相撲取りと同じだ。ぶつかられた方はたまったもんじゃない。

  2. ほんとだ、邪魔だ。危ない。機能的じゃないね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。