ドイツ(人)と日本(人)の違い – 寒さの感じ方

デュッセルドルフの郊外にある屋外プールです。

メアブッシュから約15km、デュッセルドルフまで自転車で行く時に横を通ります。

まだつい先日のことだったのですが、ドイツはもう寒くなってしまって、日中でも20度ちょっと。

これを写した朝8:00時頃は気温13度。

泳いでいる人が20人位いました。

私も時々、暑い夏はとても気持ちが良いので 6:00 から泳ぎに行くのですが、気温17度以下はもう寒くてアウトです。

さすがドイツ人。

そう言えば、ドイツの室内プールも、室温、水温共に日本人には寒いのです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

ドイツ(人)と日本(人)の違い – 寒さの感じ方」に2件のコメントがあります

  1. なんで寒いんでしょうね。ドイツのプール。温度を聞いただけで寒そう。
    日本のプールは大抵屋内ですが
    気持ち悪いくらいぬるい。冬はいいけど年中ぬるい。

    1. そうか〜、日本人にもぬるいのですね…

      ドイツのプールが寒いのは、室温の方はドイツ人が寒さに強いからで、水温の方はきっちり泳いで身体が温かくなるからです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。