NHK から国民を守る党

が日本で頑張っているようです。

受信料の集金方法、偏向報道、自虐史観肯定報道、反日報道などで、武田邦彦教授や虎ノ門ニュースのメンバーなどにNHKは散々批判されていますが、まさかそんな政党まで存在するとは知りませんでした。

昨年の11月に一時帰国した時に、新松戸の駅前でこの党の代表が演説をしていて初めて知りました。

このドイツにも、TVとラジオの受信料を払うシステムがあります。

NHKの場合は、集金人が家に来た時に、TVを持っていないことを見せれば集金を諦めてくれるそうです。

ところがドイツの場合、TVを持っていようがいまいが、一住居に対して強制的に€17,50を支払わされます。

まるで消費税のように、もれなく誰からも徴収するシステムです。

酷いと思いませんか?

先日ドイツのラジオのニュースでそのことの是非を報道していたので、ドイツでも近々日本のような動きが出てくるのかも知れません。

次の動画は、党の代表とその姿勢を批判する人とのなかなか面白い討論でした。

川崎

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

NHK から国民を守る党」に2件のコメントがあります

  1. 知ってます。明日は投票日。
    すごく面白いことを言う人たち。
    笑える。NHKをぶっ潰せ、が政治思想の根幹。

    それを政見放送で堂々とNHKで放送するので
    笑える。ぶっ潰せ、ぶっ潰せ、と連呼して放送は終わる。
    だいたいが、NHKで働いていた職員で左遷組だそうです。

    1. 参議院選挙終わりました。

      このNHKから・・・・の党から一人当選したいました。
      ちょっと驚いた。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。