日本の電車のアナウンスにあって、ドイツのそれにない2つのもの

1つ目は、もし乗っている電車に遅れが出たとしたら…

「…誠に申し訳ございません…」という謝りです。

でも日本では元々遅れは出ないかもしれません。

ではドイツで乗っている電車に遅れが出た場合、アナウンスでは何と言うでしょうか?

「…ご理解をお願いします…」と最後に言い、謝りは入りません。

これはやはり責任問題が絡むからでしょうか…

ドイツでは、「交通事故を起こしたら決して謝るな!」と言います。

下手に謝ってしまうと責任問題になるからです。

つまり、謝るくらいだから、事故の原因、責任は謝った方にあると思われてしまいます。

日本人の場合、悪くもないのについつい「すいません」と言ってしまう習慣があります。

それでは2つ目は何でしょうか?

それは、あの特徴がある変な喋り方です。

お笑い芸人がよくモノマネをするアレです。

ドイツでは普通に喋ってアナウンスします。

日本の電車のアナウンスでは、どうしてあの特徴のある喋り方をするのでしょうか?

川崎

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

日本の電車のアナウンスにあって、ドイツのそれにない2つのもの」への1件のフィードバック

  1. コンピュータは使っていないはず。人間の声なのにね。
    もう慣れてしまって、変とも思わなくなった。忘れものに注意してくださいとか、いってくれるし。
    ドイツは次の駅ポツンというだけで少し味気ないけど、国境を超えると言葉も違うし、日本にはその
    良さは味わえないよね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。