ドイツでは弁護士に頼ったほうが良いワケ

日系企業がドイツに進出して経験する様々なビジネスシーン、日本人的な感覚からいうとなぜそこで弁護士が必要なの? というようなことが多々あります。

日本人には、話し合えば済むことでは? と思えてしまうからです。

でも考えてみて下さい。

ドイツ人というのは日本人に近くてキチッとしているように見えるかもしれませんが、元々規則に従う国民性を持っています。

つまり逆を言えば規則がないところでは右往左往してしまうのです。

ドイツと日本の弁護士の数を比べてみると、約4.500人の人口に対して1人の弁護士がいる日本と比べてドイツでは約560人に1人の弁護士がいます。(アメリカは約30人に1人)

つまり、日本では話し合いで済むことも、それだけ弁護士に頼っているわけです。

日本のように弁護士に頼るなんて… と大袈裟に考えずに、自分はこう考えて、相手はこう考えているが、専門家である弁護士はどう考えるかといったジャッジ的な発想です。

川崎

広告

ドイツ進出完全サポート ドイツアウトソーシング完全サポート

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし
ドイツでは弁護士に頼ったほうが良いワケ」への1件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    弁護士に頼ることの方が
    いい場合はあります。日本だって。でも金額が成功報酬の
    かなりの部分です。ドイツはどうなんでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。