外国人が驚く日本人の秩序

日本に来る外国人観光客が驚くことがたくさんあります。

何と言ってもそのナンバーワンはウォシュレットのようですが、他にも数え上げたらキリがないほどあります。

ドイツで見かけたこの標識で思い出しました。

日本のエレベーターで自然に左右に分かれて形成される、立ち止まり組と歩き続け組。

ドイツではこのように標識があります。

日本には標識などはなく、暗黙の了解で(?)この作法が自然に行われています。

この標識を滅多に見ることはありません。

これは展示会場で見つけました。

多分こちらでは、東京や大阪のような人混みはないので不要なのでしょう。

でも展示会場ともなると別です。

以前、日本に来た外国人がポジティブにエレベーターの上の日本人の秩序に驚き、褒めていました。

東京と大阪の違いを知ったらもっと驚くことでしょう。

東京と大阪でどうして左右が入れ替わるのか、もし知っている人がいたら教えて下さい。

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし
外国人が驚く日本人の秩序」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    千歳空港でも、このような歩く歩道はありますが、標識はないです。まあわかるだろう、で進んでいます。札幌は地下歩道も右歩道で人は進んでいます。
    市が決めたわけではなく、40年前、歩道が出来た時からそんな感じ、

    よくわかりませんが、日本は、何となくそんなルールというのを作ってしまう感じがします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。