ドイツと日本の治安

デュッセルドルフの隣の市、メアブッシュ市で見かける光景です。

傷みの遅い野菜などを路上で売っているのですが、売り手が不在です。

何かを買いたい人は、机の上の中央部分に置いてある青色の貯金箱に、買いたい物の金額分のお金を入れるだけの信用商売です。

日本も田舎に行くと、そういうのがまだあるそうですが、ドイツにもあります。

都会ではあり得ないことですが、もしこれが都会で可能なら、何て素晴らしい世界になるでしょうか。

でも勘違いしないで下さい。

決してドイツの治安が良いわけではありません。

特に日本人にとっては…

特にデュッセルドルフでは…

インマーマン通り周辺は、平和ボケ、安全ボケした日本人を狙っている犯罪集団がいるので要注意です。

毎日のように日本人が置き引きなどの被害に遭っています。

その手口はまるで手品なので、世界の中で超安全な島国育ちの日本人はいいカモにされています。

川崎

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

ドイツと日本の治安」への1件のフィードバック

  1. 札幌にも昔は結構ありましたし、無人販売は北海道の田舎では
    結構あります。ドイツと違ってだいたいは田舎は今は治安がいいです。
    過疎化、高齢化社会となり、暴走するような若者がそもそもいなくなったのです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。