なぜ、いつまでたっても本物の宇宙人は現れないのか

知っていますか?

ある専門家は言います。

「宇宙人が現れる時は、地球が絶体絶命の時だ」と。

その理由は、地球側からは行けない遥か遠くから来れて、伊達や酔狂でやって来るわけではなく、自分の星がまずい状態だから来るであろうからだそうです。

地球より技術がはるかに発達しているので、地球人などイチコロです。

地球人も似たようなこと(地球外に出て暮らす可能性を探る)をしているので、なるほど〜 と、うなずけます。

私の想像ですが、実際のところは彼らも地球まで来れないのではないかと思うのです。

宇宙が誕生して、その後地球が生まれ、人間が出現しました。

当然のことながら、宇宙の誕生時期は全宇宙平等で一緒です。

宇宙の年齢は約140億年で、地球の年齢は約40億年だそうです。

約140億年前に宇宙が出来てから、地球も含めて地球に似た環境の星も全て似たように約40億年前頃に出来たのではないかと思うのです。

「いやいや、60億年前頃に出来た地球に似た星もあり、そこは人類より20億年も進んでいるから光より速く移動できるかも知れないじゃないか!」

と、突っ込んでください…笑。

地球上には「100匹目の猿」という現象があります。

詳しくはインターネットで調べていただくとして、世の中(地球上)ではさまざまなことがほぼ同時進行(発見・発明・発展)するというものです。

それが地球上だけではなくて、宇宙全体にも通じるのではないかと思うのです。

つまり、無限の広さの宇宙の中には地球と似たような環境の星がいくつもあり、人間のような生き物も多くいるけど、宇宙が広過ぎて、そこに住む生き物の技術力では他の星まで行けないという考え方です。

天体望遠鏡の技術が進み、実際に地球の環境に似た星は見つかっているようですが、遠過ぎてとても行けません。

光のスピードで何万年だか何十万年もかかるとかいうレベルです。

光のスピードでです…汗。

そして宇宙人のレベルも地球人のレベルとそれほど変わらなければ、彼らも地球を見つけることはできても来ることが出来ません。

それが本物の宇宙人がまだ見つからない理由ではないでしょうか?

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: その他
なぜ、いつまでたっても本物の宇宙人は現れないのか」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    宇宙人はいる信じたい。夢も希望もない世の中、宇宙に
    ロマンを求めたい。電動ハエたたきで 〔笑)宇宙人を捕まえたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。