ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2

虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます。

先日その人から手紙が届きましたた。

差出人としては、ある弁護士様方となっていました。

様方とは、c/o のことです。

そのことは既にここのブログで書いたので省きますが、今度は彼女の弁護士からメールが届きました。

そのブログで彼女の名前は特に明記していなかったのですが、ベルリンに住むと言われる反日活動、慰安婦像設置活動で有名な人が、そのコメントにてご丁寧に彼女の名前を出して下さいました。

今度の連絡通知は c/o 弁護士で本人からでのものではなく、弁護士からなので、こちらも弁護士を通して答えることになります。

とはいえ、今は自宅にいないので、手紙が届いているのかどうか分かりません。

訴訟問題ではメールは証拠になりません。というか無効です。

届いているのは弁護士からの添付が開かないメールです。

よってこの続きは休暇が終わるまでお預けです。

自宅には郵送の手紙が届いているのかもしれません。

いえ、弁護士からの手紙は普通書留なので、不在の場合は戻ってしまっているかも…

ちなみに知人の駐在さんの1人から、「メアブッシュでその人に似た人を2度も見たのですが、他人の空似でしょうか?」と聞かれました。

「いえ、本物ですよ。ある所に毎日のように顔を出しているそうですから…」

とお答えしておきました。

川崎

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2」に2件のコメントがあります

  1. 家に戻れば手紙が届いているかもしれません。

    隣人が受け取りのサインをして。

    勝ち負けは分かりませんが、逃げ隠れはできないので…笑。

    勝てば勝った、負ければ負けたです…笑。

  2. メールでは訴訟に持ち込めない、
    添付が開かないメール?で訴訟に持ち込めるって
    どういうことなのか・・・・・わからないです。

    でもその方、先日、日本で訴訟に持ち込んだものすべてで勝訴していた。
    そういう意味で強い人なんでしょうね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。