進化が示す、健康法則

すでに起こってしまったことはどうにもなりません。

歴史に、“if”という言葉は意味のないことだとはよく言われますが、こればかりは神様でさえもどうにもなりません。

過去は神様でも変えられないのです。

だとしたら、過去のことについても、どうこう考えても意味がないことです。

反省の材料にして、将来似たケースが出た時に反省を生かしましょう。

それでおしまいです。

どういう結果が出てくるかの想像と同じように、なるべくそのことを考えずに少しでも早く忘れるのが一番です。

 

反省は良いのですが、後悔は良くありません。

何か思い通りの結果が出なくても、それをいつまでも悔やんで後悔しても、一番損をするのは自分自身です。

さらにはそのことで周りにも心配と迷惑がかかります。

これほど無意味なことはありません。

さらに良くないのはその責任を外に求めてしまうことです。

これは自分の人生を投げ出して他人任せにするようなものです。

 

過去、現在、未来の内、過去は神様でもどうにもなりません。

そして未来は神様にしか分かりません。

 

ではたった一つだけ残った、自分にもどうにかなるのは何でしょうか。

 

そうです。今現在だけなのです。

 

つまり今現在のことを精一杯考えて行動するのが一番良いのです。

ポジティブシンキングも現在のことと、過去のことに対してだけです。

神様にしか分からない将来のことや、神様でもどうにもならない過去のことを、我々のようなちっぽけな人間がいくら考えても意味がありません。

 

過去について究極して言うと、何か悪い結果が出てしまった時などに、その責任を全て自分に求めてみると、全てが丸く収まり楽になります。

人とのイザコザも出ません。

ことが思った通りに進まなかった時、それを全て自分のいたらなさのせいにしてみてください。

「クソ~!」と腹が立った時に、「では誰が悪いの?」と心の中で聞いてみてください。

そうすると、「自分が悪い…」という答えが出てくるはずです。第一、腹を立てて損をするのは自分自身です。

 

今、自分がしようとしていることが良いことなのか、悪いことなのかの判断が難しい場合に、それをやさしく判断できるようにする方法があります。

その行為をその方向で何倍にも膨らませてみればよいのです。

例えばタバコの吸殻のポイ捨てです。

一見すると、「自分ひとりがここでタバコの吸殻をたったひとつ捨てても大丈夫…」というケースの場合、ではそれが10本だったらどうか、100本だったらどうなるか、と考えてみるのです。

あるいは、灰皿にたまったタバコの吸殻を道に捨てられるかどうか。そのように考えれば答えは簡単に出てきます。

 

地球上に生きているのは自分ひとりだけはないので、それを増幅してみればよいのです。

1人1円ずつ集めると、地球人全員から集めれば70億円です。

毎日ひとりひとつのゴミを拾う行動が伴えば、それだけで地球はかなりきれいになります。

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康
進化が示す、健康法則」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    腹を立てることの多く
    人といざこざ起こしがちな私には耳に痛い話です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。