沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった?

という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。

国士、青山さんの月曜日もそうですが、ミリオンセラー作家である百田尚樹さんの火曜日の虎ノ門ニュースも面白くていつも見ています。

と言いますか、早朝5時前の子どもたちを起こす前の自分のひと時、ストレッチの時間にいずれにしても曜日に関係なく毎日見ています…笑。

ほんの1〜2年前、いい歳こいてお恥ずかしいながらも私がまだ右翼、左翼の意味、存在も知らなかった頃、沖縄問題(確か、オスプレイの墜落)に関して書いたら、左翼? 極左? の人から辛辣な噛みつきコメントが入りました。

そこでびっくりして、右翼とはなんぞや? 左翼とはなんぞや? と、色々と調べました…笑。

何とあの翁長知事、以前は保守(=右寄りと言う意味で)だったそうです。

だとすると、その後の変わりようは一体何なんでしょうか?

闇のお金が流れているのでしょうか?

そして沖縄メジャー2紙、1つはGHQ、もう1つは朝日新聞から始まったそうです。

百田さんのニュース解説、いつも面白く聞いていますし、ミリオンセラーを書ける能力を凄いと思いますが、今回の中国批判だけはちょっと行き過ぎのような気がしました。

中国には良かった(と褒められる)時代など一度もなかったと言うのです。

それにはちょっと無理があるのではないかと思います。

漢字がその後日本で応用されて、日本製の漢字が中国にかなりの数逆輸入されて使われていたり、ひらがなやカタカナを生む凄さはありますが、それでも発明自体はイエス・キリストや釈迦が生まれる前の中国です。

そして陽明学や儒教。

当時の日本の武士のバックボーンとなったものは中国から来ています。

その事実は覆しようがありません。

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 時事
沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった?」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    百田さんっていつの間にかテレビに出ているようになって。
    私は小説家っていう印象がとても強くて。
    百田さんの出るテレビってなぜか偶然見過ごす。

    関西系のジャーナルが多くて夜遅いのが多いせいかな・・・。
    おとなしそうな人ですよね。
    辛辣なこと言っているのかどうかはわからないけれど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。