長女が16歳になり、ドイツでは合法的にビールを飲むことができますが…

ドイツでは、法律で16歳からビールを飲むことができます。

日本より4年も早く…

本当にそれで大丈夫でしょうか?

実は、ドイツでは今それが社会問題の1つになっています。

16歳から飲めるのは、ビールなどの低アルコール度の飲み物。

ワインや日本酒などはダメなのです。

それって矛盾していませんか?

アルコール度が低くても、たくさん飲めば一緒…

飲み過ぎて失態を犯す若者が増えています。

悪いのは勿論メーカー。

それとも本人たち?

メーカーは売り上げ重視です。

社会問題など関係なし。

売り上げが上がれば良しで、ビールにジュースを混ぜた、低アルコール飲料水などを、次から次へと出しています。

 

母親は、娘が16歳になった記念にビールを飲むのは反対しました。

「16歳になったら、法的には飲むことはできるけど、それは決して飲みなさいと言っているわけではありません」

と、苦虫を潰したような顔つきです…

20歳から許されている日本で、14、15歳の時に日本酒を飲み過ぎ、急性アルコール中毒か何かで救急車で病院に運ばれた父親(内緒!)は、そのことに関して何も言うことが出来ません…

川崎

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

長女が16歳になり、ドイツでは合法的にビールを飲むことができますが…」に2件のコメントがあります

  1. 私も賛成しかねる。
    ワインなどのポリフェノールなどのものは若干はいいと思いますが
    ビールはねえ・・・・。

    太りますよ、それに。

    日本は選挙は18才からOKですが
    酒は一応19才です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。