VWは、ユーザーを騙す社風になってしまったのか?

昨日、レンタカー会社から、返した後に車が傷ついているという謂(いわ)れのない理由で修理代を請求されたお話をご紹介しましたが、今度はリース会社です。

どうしてドイツ(西洋)ではこうして気を抜けないのでしょうか? (日本でも勿論ひどいお話しはあると思いますが…)

リースが終わった車を返す時の、車のチェックが、VWではここ数年でかなり厳しくなったのでしょうか?

リース中に軽い事故などで車に傷や凹みを付ければ、借りた側の責任で直すのは当たり前なので、返す時の簡単なチェックは昔からありました。

でも今回、3年リースが終わったVWゴルフを返した時、そのチェックにTÜVの専門家が呼ばれていました。

TÜVとは、日本では車検を行う組織のようなものです。

車の隅から隅までチェックされ、ほんの僅かな傷まで明記されます。

リース期間が終わった車を返すと言うよりは、厳しい新古車の査定を受けているといった感じです。

まるでピカピカの新車でなければいけないかのように、とにかくどんな小さなことでも、一切合切チェックして明記されるのです。

以前のリース車返却時は、そんな小さな傷は気にもとめられなかったというような、ごくごく小さな傷までしっかりと記載されています。

今回の車は3年落ちの中古なのにです。

そして最終的に言われたのは、「飛んで来た石でも当たった傷が数ヵ所と、窓にある小さな傷は2千ユーロほどの修理費がかかります」でした。

「窓に傷などあった??」

そこで思い出しました。

2年前に同じように、4年リースが終わってVWのキャディーを返却した時です。

その時は、傷や汚れが多くてそれらを直すのに約4千ユーロかかると言われました。

運転が苦手な家内も乗っていた車なので、確かに少し傷はありました。

その修理代が三桁の下の方ならまだ分かりますが、何と4.000ユーロ!

つまり例えば、そのキャディーという車がリース終了時に走行距離他の程度から、その価値20.000ユーロであるべきだとします。

でも傷や汚れがあるので、その修理に約4.000ユーロかかるから、16.000の価値しかないという意味です。

だから4.000ユーロを支払えという訳です。

ちょっと驚きましたが、そこで運良く思い出したのが、知人の日本人で車の買取も行なっている人の存在です。

電話をして相談してみると、すぐに来てくれるとのこと。

早速見積もってもらうと、引き取り価格は先程の例でいうところの20.000ユーロ。

つまり、修理代にかかるという4.000ユーロが不要です。

さて、ことの次第を見ていたVWの正規代理店はどうしたでしょうか?

「それではうちでもそのお知り合いと同じ価格で引き取り、修理代などがかからないように致します」

「なんだ~!、それは!」

来てくれた知人には、和食へご招待でお礼をして、4.000ユーロの損は何とか免れましたが、それにしてもひどい。

もし知人のことを思い付かなかったら、4.000ユーロもぼったくられていたところです。

そのVWの正規代理店、弊社のすぐ隣で、オフィーススペースで賃貸関係にあります。

つまりよく知った中なので、「ちょっとひどくないですか~」と言うと、「いや~、こちらも商売なので、どこかで売り上げを出さないと…」

リース料金で(つまり車を売る時に)売り上げ・利益を出し、さらに車を返す時にまで(暴)利益を出す(貪る)と言うことなのでしょうか?

開いた口がふさがりません。

キャディーという、決して高価ではなく、比較的に安い価格帯の車で4.000ユーロも…

レンタカーの時と違い、今回はまだその決着がついていませんが、追ってご報告致します。

VWと言えば、昨年虚偽事件で騒がれましたが、そういう社風になってしまっているのでしょうか?

ちなみに隣の正規ディーラーのスローガンは、「Immer etwas besonders」

日本語で、「特別な物・ことを」

ということになります。

確かにその商売の方法は特別です。

ちなみにキャディーのことがあって心配だったので、キャディーの後はフォードにしました。

そしてフォードでそのことを聞いてみると、リースから戻ってくる車は中古なので、事故レベルの傷は考慮するものの、何か特別なことがない限り、TÜVは呼ばないとのこと。

もう二度とVWは買わない・リースしない事に決めました。

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツの暮らし, ビジネス, 移動交通, 買物,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。