再び中国人のご家庭にお招きを受けて…

何でも中国からお客さんがあり、高級白酒(パイチュウ)をお土産にいただいとたとのこと。

お酒が大好きな私に振舞ってくれるそうです。

白酒には、色々な品質のランクがあるらしく、値段の安いものから高いものまであるそうです。

安物では悪酔いし、高級白酒だと心地よく酔えて後に残らない…

確かによく行くデュッセルドルフの中華レストランでは、白酒は昔と比べるとかなりの値段がするので、貧乏人の私は代わりに高粱酒や、竹のシュナップスを飲んでいます。

というわけで、今回(も?)嬉しく馳せ参じさせていただきました。

ドイツに移住して来て会社を設立し、まだそれ程年数がたたない人ですが、ビジネスのメドも立ってきたようです。

その点を心配していた私にとっては、その安堵と高いお酒のお呼ばれの嬉しさでタガが外れて(?)しまいました。

白酒(アルコール度50%以上)の怖さは知っていながら、ついつい飲み過ぎてしたたかに酔い、翌日は朝まで口と毛穴から発散されるアルコールの匂いで臭い始末。

次の日は、日本からお客さんがあったので、慌てて早朝の長風呂で汗をかいてアルコールを抜く始末となりました。

川崎

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

再び中国人のご家庭にお招きを受けて…」に2件のコメントがあります

  1. 50%のアルコールなんて
    口の中で燃えそう!!

    私も中国の酒とクッキー(乾餅 ビエンガンといいます)が大好きですよ!!!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。