進化が示す、健康法則。重力と振動。

血の循環だけではなくて、振動も身体には大事であることが分かっています。

骨折の後の骨のつき具合も、振動を与えている方が、安静にしているよりも直りが早いそうです。

強い重力が働く地球上で進化してきた人間の身体には、地面とのコンタクトは不可欠のようです。

野球のあの松井選手が骨折した時も、特殊な振動を使う治療方法が行われて4割も早く治せたそうです。

ところで宇宙飛行士は地面とのコンタクトもなく重力もないので、地球に帰ってくるまでに身体や骨が弱くなってしまっています。

同じことが水泳に関しても言えます。

水泳の唯一の欠点は、重力が減り、地面とのコンタクトがなくて骨が鍛えられないことです。

宇宙での生活や水泳、寝たきりはカルシウムの損失を起こすそうです。

筋肉組織も失われて足が細くなります。

重力の中での生活に慣れた身体には、地面とのコンタクトが欠かせないようです。

ただ、水泳が全身を動かせるという点において、お勧めのスポーツであることには変わりありません。

私たちの先祖は、長い間ずっと泳ぎ続けていたわけではありませんので、身体が水泳で出来上がったわけではありません。

しかし、水泳に必要な動きは、身体を動かすのにとても都合が良いのです。

「停滞はよどみを生む」というのはあらゆることに対してあてはまるようで、重力のある地球で生まれて進化を続けてきた生き物には、長い時間じっとしている時間をなるべく少なくして、動いて変化を続けるということがどうしても必要なようです。

「進化が示す、健康法則」の各ブログ内容は、次の本から抜き出して書いてあります。

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。