トランプさん、「もっと武器を!」というのは本気ですか?

アメリカのある学校で悲劇が起きました。

ここ毎日、ラジオのニュースで報道されています。

日本で言えば高校レベルの学校でしょうか、元生徒が銃を乱射して十数人を殺害してしまったそうです。

そしてその事件後、子供たちがSNSか何かで投稿した、武器を無くそうみたいなメッセージ(?)が注目と賛同を集めているそうです。

それに対してトランプ大統領は、「その逆にもっと武器だ! あの時に逃げた教師がもし銃を持っていたら、その学生をすぐに撃ち殺せた(被害を小さく抑えられた)はずだ!」というようなことを発言したそうです。

フェイクニュースかどうか分かりませんが、もし本当ならそれってどういうものでしょうか?

日本もその昔、武士が刀を持ち歩くのが普通でした。

明治になってそれが禁止になり、もし誰かを切りたいと(などと物騒なことを)思っても、まずは刃物を用意しなければなりません。

刃物を用意しなければならないというワンステップ、手間がかかります。

その手間が行動にたいして1つの壁、ブレーキになります。

ちなみに何かを販売する場合には逆に、いかにそれらの壁、ブレーキ等を少しでもなくして楽に購入できるかということが売り上げにつながります。

だからインターネットでの販売にはクーリングオフ期間が設けられています。

少し横道にそれましたが、武器が日常生活の身近なところにあれば、使う可能性はどうしても高くなってしまう筈です。

だから日本のように普通銃などは持ってはいけないようになっていた方が良い筈です。

そしてそれは核兵器についても同じことが言えると思います。

無い物は使えません。

ところが、それが既に存在してしまっているのが問題です。

北朝鮮の核は脅威ですが、自分自身でも嫌という程持っているアメリカがそれを非難しても果たして現実味があるでしょうか?

例えば、「いち、に~、の~、さん!」で、全ての核保有国が同時に核兵器をなくしてくれれば一番良いのですが、そう簡単にはいきません。

同じように、銃が既に普及し尽くしているアメリカで、日本と同じように銃の所持が禁止になるのは、どんなに大きな運動が起きても不可能に思えます。

一番厄介なのは、銃の協会、産業の存在でしょうか…

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: 日本、日本人について, 時事
トランプさん、「もっと武器を!」というのは本気ですか?」への3件のコメント
  1. wildsum より:

    こんばんは!
    銃規制を少しずつ進めてくれればいいのですが、核兵器も同じです。少しずつ進めればいいのですが、トランプ大統領は逆行しています。誰もが銃を持ち、どの国も核兵器を持つ国になるのが彼の望みなのでしょうか?疑問だらけの訳の分からない大統領です。

    • netdeduessel より:

      いつも「いいね」や、コメントをありがとうございます。

      疑問は、トランプ大統領が本当にそう言ったのかと言う点です。

      今までマスコミの捏造報道でずっと悪いイメージを被らされ続けているようなので、今度も真実はどうなのかと気になってしまいます…

    • netdeduessel より:

      CNNなどのフェイク情報も多いので、トランプさんの実態は良くわかりません。

      一つ言えることは、さすがビジネスマン、有言実行はしているようです。

      でも今回の教師に銃を持たせるというのはどういうものか…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。