進化が示す、健康法則。靴も現代の悪?

歩く、走る際には靴に関して注意が必要です。

靴というものの存在が人間の本来の歩き方を変えてしまいつつあると思うからです。特に靴のかかとの存在です。

以前、アーチ状の足先と書きましたが、そこに大きな意味があります。

人類の長い歴史の中で、人間は靴無しで歩くことを数百万年間も続けてきました。

足の裏は平らのように思いがちですが、人間の足首から先は縦にも横にもアーチ状、ブリッジの形になっています。

少し大げさに言ってみれば吸盤のような形です。歩いている時、走っている時に、このアーチ状の足先もクッションの役割をしてくれています。

ドイツでは、もし子供が偏平足だとお医者さんから「家では裸足で歩かせて下さい」と言われます。

足首もクッションの役目をしてくれています。

但し、かかとから着地をしなければです。

靴が発達するようになって、靴底が足を守ってくれるようになりました。

特に最近のスポーツシューズのようにかかとの部分が柔らかくなると、それに頼ってしまいます。

そうなると着地の時に完璧にかかとから着地してしまうのです。

1960年のローマオリンピック、そして1964年の東京オリンピックのマラソンで2度続けて金メダルを取ったエチオピアのアベベ選手のことを聞いたことがあるでしょうか。

彼は、フルマラソンの42kmを何と素足で走れます。

素足でフルマラソンを走り、アスファルトの道でかかとから着地したらかなり足が痛くなるだろうと思ったので、ひょっとしてつま先着地ではと考えてみました。

早速調べてみると案の定その通り。インターネットで「アベベ」、「つま先着地」などのキーワードでいくつもの情報が出てきます。

アベベはやはりつま先着地でした。42.195kmの科学、マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」 (角川oneテーマ21) などという本も出て、ランナーの世界ではここ数年そのことが静かな話題になっています。

つま先着地をすれば、足先のアーチと足首の関節が大きなクッションになります。

ところがかかとからの着地だと、それらのクッションが全く活かされません。

靴のメーカーの努力で、かかとの部分のクッションがとても良くなり、中には2mの高さからの落下でも卵が割れないなどというすぐれた材質もあるそうです。

でも「ちょっと待った!」です。

それって、交通機関が発達して足腰が弱くなったり、家電の発達で身体を動かさなくなってしまったのと似ていないでしょうか。

元々つま先着地、正確に言えばベタ足着地で歩いたり走っていた人間が、靴の登場で足の退化を始めてしまっているのではないでしょうか。

人間以外の四足動物は、かかとが退化して後部上方に行ってしまっています。

馬などは、強く速く走れるということで、指がたったのひとつ、ひづめになってしまいました。かつては4本あったそうです。

靴を履かないアフリカの原住民や、ペラペラのサンダルのような履物で暮らしていて長距離も走るメキシコのタラウマラ族などには、膝の故障などないそうです。

そういう意味では、現代人の膝の弱さは靴がもたらしている可能性が大きいと思います。あの天才的数学者、岡潔さんも「皮底の靴は頭に響く..」と言いました。

人間の歴史は猿と人間の間の先祖まで入れれば数百万年。

靴の歴史はわずか数千年。

しかもかかとの部分が厚くなってきたのはほんの近代。

わずか数百万分の百とかそういうレベルです。

さて、どちらの方が人間の身体により良いでしょうか。

瞬時の動きや短距離走、階段の昇り降り、縄跳びなど、どれも全てつま先着地です。

自転車こぎだってつま先をペダルに乗せた方がふくらはぎが働くので有利です。

どんなにいい靴でも、足先のアーチ状の足先 プラス足首という自然のクッションにはかなわないのです。

スポーツなどで膝を痛めなくても、多くの高齢の人たちが膝の故障で悩まされています。

革靴などでコツコツと音を立て、もろにかかと着地をしているのが、「骨、骨、骨、」という膝の悲鳴に聞こえてしょうがありません。

そういう膝への負担を自分で気が付かない日々のレベルでも、何十年も続けていれば、歳を取ってから膝が悪くなってもおかしくありません。

とても面白いことに、プールサイドなどのタイル張りなどで、地面が硬い場合はみなさん誰でもかかと着地はしていません。

自然にベタ足着地になっています。

つまり、足の裏全体での着地です。

ところが靴を履いてしまうとそれをしないのです。

かかとの柔らかい靴などに頼ってしまうから、かかと着地になってしまうわけです。

ちなみに日本の青年海外協力隊でアフリカに行き、ひょうんなことから現地のアフリカ人の足をさわらせてもらった知人がいるのですが、「きっと硬くなっているに違いない」という予想を裏切って、彼らの足の裏はたいへんに柔らかいそうです。

もしかかとの柔らかい普通の靴でかかと着地をやめようとする場合にはひとつ注意点があります。

つま先着地はふくらはぎの筋肉を余計に使うので、その分ふくらはぎが疲れます。

特にジョギングの場合にはそれが顕著です。だから最初はある程度慣らしが必要です。

退化を戻すにも苦労が要ります。でも靴の裏の薄い靴なら大丈夫です。

それはプールサイドを歩く人たちの足の裏の着地を観測すれば良く分かります。かかとが受けるショックが大きいので、自然にベタ足着地になるのです。

つまり、靴の裏は薄ければ薄いほど良いことになります。

世の中、医療や薬に限らずあらゆることに関してメーカーや産業の思惑に一般消費者である私たちは騙されっぱなしなので、もっと一人ひとりが自分で気をつけて生活しなければいけないと思います。

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。