将来ドイツでは健康になる努力をする人は健康保険代が安くなる!?

ラジオのニュースで小耳に挟んだのですが、ゆくゆくは健康保険代が各人の健康度、運動状況で決まる方法が話されていました。

フィットネスセンターなどに行き、センサーなどで各人の運動状況を把握して、それを元に保険代金が決まるようなシステムのようです。

やっと今頃…?

という感じがしませんか?  保険代金が、男性あるいは女性の差、そして年齢のみの区別で金額が違うというのはちょっと不公平ではないでしょうか。

世の中には同性、同年齢で健康保険を使ってばかりいる人もいれば、全然使わない人もいます。

金持ちから多くの税金を取って、収入の低い人に低く課税するのとは違い、金持ちだろうが貧乏人だろうが、健康に気を遣う努力をしていれば保険代が安くなるという方法です。

保険とは元々、可能性は低くても確率がゼロではない危険などを大勢で負担し合ってカバーするもののはずです。

例えば災害保険。

誰が遭うか分からないのでかなり公平ですが、健康保険や自動車保険はそうではありません。

人によってその恩恵の受け方に差があれば不公平が生じます。

実は知人の中には、自分は病気にならないから健康保険に入らないという日本人の強者もいました。

病気をせず、怪我もしなければ、確かに何のために健康保険代を払うのか?  ということになります。

でも歳を取った時に保険に入っていないというのは怖いので、その後入ったようですが…

ちなみに私は病気をしません。病気をしない身体になりました。運動と食事、考え方の3つのお陰です(詳しくはこちら ➡︎ www.kenkoichiban.de)。

でもどういう訳か怪我は多いので病院も医者(外科医)も必要不可欠です。

科学だけではなく、外科も戦争の度に大きく発達します。

戦争で多くの怪我人が出れば、外科が発達しない訳がありません。

西洋の医学が早くから発達していたのは、戦争ばかりしていたことと決して無関係ではないと思います。

怪我の多い私は、今までに骨折や骨のヒビ割れが全身に10ヶ所以上、縫い跡も全部合わせると20針以上あります。

縫うほどでもない傷や打身、捻挫なら日常茶飯事な怪我のスペシャリストです。

でも万物に例外無く長短あり。

あるいは全て何でも物の見方次第。

それだけ痛い思いをした代わりに、お陰で怪我に詳しくなります(笑)。

例えば子供が車のドアに指を挟んだ場合、指の状態を見たり、幾つかの優しい質問でことが重大かどうかが分かります。

無償の愛の母親は、過ぎた心配でヒステリックに騒ぐだけ。

あるいは知人がコケてお尻を打ち、その痛みが微妙に続く時、「折れてるかもしれないよ…」

医者に行ってレントゲンを撮ってもらうとやはり小さな骨折。

肋骨なども、切れるように綺麗に折れると、「えっ、これが骨折?」と思えるほど痛くない時があります。

まあ、肺を大きく膨らませれば痛いのですが…

そして肋骨の骨折もお尻の骨の骨折も、普通は何もできないので、医者に行ってもレントゲンを撮って骨折を確認するだけで終わります。

だとしたら、痛みが引くまで、つまり骨がくっつくまで静かにしていれば、医者に行っても行かなくても同じです。

むしろ医者に行かなければ放射線を浴びずに済みます(笑)。

そう言えば昔、会社の先輩が、飛行機のチケット代には体重と身長を考慮すべきだと言っていました。

確かに一律料金では不公平に感じる時があります…

川崎

広告

ドイツ自然療法士国家試験受験準備校に通う、健康オタクなおっさん

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康, 日本、日本人について
将来ドイツでは健康になる努力をする人は健康保険代が安くなる!?」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    私の妹は外国で、遊覧飛行の小型機でデブのアメリカ人が二人(夫婦)が下ろされたことを目撃したそうです。重量級にはなってませんが、「おろされて」しまうことはあるようです。

    韓国はもともと世界一肥満の少ない国で嫌いな国みたいですが、ちょっと太めの小学生(受験の影響か)などは、ソウル市では、フィットネス無料だそう。

    日本でもそうなってほしいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。