進化が示す、健康法則

「進化が示す、健康法則」を読んで下さった友人の1人から、「キャベツを万能の神のごとく書き過ぎじゃない?」 と言われました。

確かにご指摘の通り(笑)。何故ならそれは、少しでも多くの人にキャベツの良さを知ってもらいたいからです。例がおかしいかもしれませんが、例えば反日日本人を日本ファン日本人に変える(?)には(笑)、日本ファン日本人陣営に引っ張り込まなければなりません。(これで次なる本がどんな本かバレてしまいますが(笑)...

綱引きを想像していただければ分かりますが、人をこちらに引っ張り込むには、中間(中立)の位置から引っ張るのでは弱過ぎます。そこでかなり反対側の方に身体を入れる必要があります。

そこでついつい反対側に入り過ぎてしまいます(笑)。でも事実しか書いてないのです。キャベツを食べて健康になった後で、玄米や納豆などを良く食べるようになりましたが、私の花粉症を治してくれたのは何と言ってもキャベツ(笑)。他の健康食は全て健康になってから食べ始めました。

でもここで追記したいのは、その後に知人の1人で「キャベツはどうしてもダメみたい」という人が現れました(汗)。私の言うことを信じて下さり、キャベツを食べるようになって下さったのですが、どうもお腹が痛くなってしまうようです。

整腸効果で確かに多量のガスがお腹の中で発生し、それが上手くオナラで出ないとそうなってしまうのかも知れません。実際に私の場合も、下痢を治してくれているはずのキャベツが稀に、「これはキャベツの仕業?」と思えるフシがある下痢が稀にあります。

人間は十人十色。各人の個人差はとても大きく、「キャベツで花粉症が100%治った。普段言っていることの90%くらいは冗談だらけでも(笑)、これだけは川崎に感謝している。」と仰って下さる人もいれば、私の様に7、8割効く人間もいるので、全然効かない、あるいはマイナス効果の人も中にはいるかも知れません。

そこで提案ですが、もし試してみようと思われる方は、最初は少ない量から始めて、様子を見ながら続けてみては如何でしょうか。

「進化が示す、健康法則」の各ブログ内容は、次の本から抜き出して書いてあります。

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。