視覚障害と生きる

みなさま こんにちは!琴葉(ことは)です

わたくしの芸者名 琴葉は、知人の高野山の僧侶につけていただいたものです 今日は その僧侶のお話にお付き合いくださいませ

 

今年から 晴れて金沢に 自分の寺を構える事になった 龍源様。(50) 視覚障害のある方で、

右目は完全失明、左目も視覚狭窄で たまご一個ほどの範囲しか見えません。以前は北京パラリンピックに柔道で出場されたことも。

お寺を開くにあたり、数々の手続き、地域自治会とのしがらみなどなど、

疲労困憊された龍さん、ここ2年、ますます視力がじわりじわりと低下し、残念ながら 今年、左目の網

膜にも穴があいていることが検査でわかり。。。。彼のブログに、今の見えている世界、

。。。。。歩いている人間も、犬も、ぼんやりしたグレーの棒に見える

白い車がコンクリートと同化して見えず、何度もぶつかり転ぶ 電柱にもぶつかる  少し見えている範囲も 光を感じる力が落ち、カラーではなく グレーに見える

じわじわと迫りくる全盲の恐怖に苦しみ、夜もたびたび眠れない

完全失明したら、僕はどうしたらいいんだろう 仕事は? 母の介護は?

 

。。。わたくしの実母(69)も 糖尿病で半失明のような状況、何度もレーザー手術を受けています。わたくしも 自分が将来見えなくなるのではないか、という うっすらした恐怖を感じています

 

共に悲しみ、共に喜ぶ。 。。。 知人として 助けてあげられることは?

彼のブログを読んでいると、どーんと暗い気持ちになります。 ですが、えんえん、暗い気持ちをブログに綴る彼に、わたくし、思い立ってメールを送りました。

『龍さま 泣いてばかりではいけません  あなたを助けたいと思う人が必ずいるはず

失明の運命が避けられないものならば、 今 少しでも見えてるうちに、準備しませんか?

毎日、色んな人が 交代で、サポートしてくれるかもしれないとして、 初めて龍さんに会う人でも わかるように、資料を作りませんか?

あなたのお仕事の1日の流れ、1か月の流れ、連れて行ってほしい建物の名前や住所、必要な連絡先の電話番号、読み上げしてほしい本の場所など。  経典の点字加工はできますか?

わたしはドイツに暮らしていますが、スカイプで読み上げのお手伝いならできますよ。サンスクリット語とか、梵語は わからないかもしれませんが。。。 』

龍さん 『ありがとう琴葉、気を遣ってくれて。。僕、仕切り直します』

 

この会話をしていた当時は お寺を始めたばかりで、檀家さんは 一人もおらず、孤軍奮闘されていました  1年たった今、マンダラペイントなどのお寺イベントを通じて女性の信徒さんが数人できたようです  良かった。。。

 

琴葉

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類
視覚障害と生きる」への3件のコメント
  1. senryusato より:

    経典を詠むのはいいことです。私はサンスクリット、高野山のお坊さんの「般若心経」のCDも
    もっていますよ。もちろん暗記しています。
    お経は二拍子なんですよね、心が落ち着きます。意味は・・・・・ちょっと訳文みても
    わからないんですが・・・・・。

    • 琴葉 より:

      サトウさま なんと!経典を暗記されておられるのですね すごいです

      2拍子とは気付きませんでした 経典の歴史を辿るのも興味深いですね

  2. netdeduessel より:

    塙保己一さんや、福島智東京大学教授の存在を是非教えてあげてください。

    何らかの励まし、力になると思います。

    前向きに頑張って欲しいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。