一部の歯医者さんが勧める歯ぎしり防止用のマウスピースの嘘

歯ぎしり防止用のマウスピースを歯医者さんから勧められて夜間寝ている間に装着している人が結構いるようです。
私も何年か前に、行きつけの歯医者さんが定年で廃業した際に移った先の新しい歯医者さんで勧められて何年か使っていました。
でもそれって全く不要であることが最近分かりました。
歯医者さんに一杯食わされた(?)ようです(笑)。
その歯医者さん曰く、「歯の先が歯ぎしりで削れているので、寝ている間にマウスピースをした方が良いですよ」ということでした。
早速歯型を取って作ってもらうことになりました。
出来上がって来たプラスチックのマウスピースを、歯医者さんで口(歯)にはめてみて、ピッタリと合うように細かく削ってくれて微調整をしてくれます。
ピタッとハマるので、寝ている間ずっとつけているのは気になります。
寝ている間は勿論分からないので、寝付く前と目が覚めた時です。
口の中に異物を取り付けるのだから、違和感・異物感がないわけありません。
特に私は身体に何かを付けるのは大嫌い。
ど近眼なのでメガネはさすがにかけないわけにはいきませんが、コンタクトレンズは結局ダメ。
腕時計もダメ。帽子類もダメ。結婚指輪さえダメ…
結婚指輪に関しては、浮気を狙っているなどと言う可能性は0,1%もなく、それでも当時うちの奥様にはさんざん叱られましたが、どうしても異物は身体が受け付けません。
今はもうその機会がなくなりましたが、カラオケバーで歌いながらついつい乗っちゃってスッポンポンになると気持ちがいいのなんのって(笑)。
さてそのマウスピース、そのことを周りで話すと、同じことをしている人が結構いることにも気が付きました。
その歯医者さんでは、歯ぎしり防止のマウスピース以外にも歯間ブラシの存在とその必要性の説明を受けました。
マウスピースはその後真面目に数年間、毎晩(嫌々)付けていましたが、ある時フッと思いました。
「ちょっと待てよ… いくらピンコロ123(*)を目指して長生き出来たとしても、今までの約半分の人生で今まだこれだけ歯(の先)がちゃんと残っているじゃないか…
あと残りの約半分の人生の年月の間に歯軋りで歯の先が削れて失くなって困ることなどあり得るだろうか?
* ピンコロ123 = 123歳までピンピン生きて、その時が来たら急にコロっと大往生すること。
この自問自答の答えはノーでした。
それからというものは、そのうっとうしい異物感・違和感バッチリの(笑)マウスピースをしないで昔通りの睡眠を(厳密にいうと睡眠の前と後を)得られるようになりました。
さてこのお話のオチはこれからです。
以前ご紹介した、自分の睡眠状態が分かるアプリにいつからか「イビキ」という項目が加わっているのに気がつきました。
自動アップデートで追加されたようです。
自分の場合、ほとんどの晩、イビキは無いようですが、たまに一晩に2、3回録音されています。
イビキ音が検出されるとスタートし、消えるとストップする自動録音です。
興味津々に聞いてみると、イビキとは言えないレベルのちょっと大きめな寝息です。
そこで気が付きました。
歯軋りが全然録音されていない…
な〜んだ、歯軋りなんかしてないじゃないか。
と言うことで、歯軋り防止用マウスピースは、多くの人たち、特に年配の方々が飲んでいる降圧剤などの薬の数々のように全くの不要物だったのです。
マウスピースを勧めてくれた歯医者さんは、何を根拠に勧めたのでしょうか? 
本当に歯軋りで削れた歯の先が認識できたのでしょうか?
単に商売(?)のために嘘をつくとは思えません。
彼女の名誉のために、その時に一緒に勧めてくれた歯間ブラシには本当に感謝しています。
ほぼ毎晩、歯間の間の食べカスが取れます。
もしそれらを取らずに寝ていたら、きっとそこには虫歯ができるでしょう。
川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 医療, 医療と健康
一部の歯医者さんが勧める歯ぎしり防止用のマウスピースの嘘」への1件のコメント
  1. senryusato より:

    マウスピースとは驚きました。私も歯を治してからかなり注意をしているのですが・・・・。

    日本の歯間ブラシは評判悪いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。