進化が示す、健康法則

マクロビオティクスの創始者といわれ、世界中にそれを普及させた前述の桜沢如一さん(1893-1966)は、ジョージ・オーサワという名前でマクロビオティクスの世界では世界中に知られている人です。牛乳や乳製品はマクロビオティクスでは少なくとも日本人には良くないとされています。

日本人には牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解する酵素(ラクターゼ)が不足して消化する能力がないそうです。そこで下痢を起こすのです。下痢を起こすということは、身体が拒んでいるからと考えられないでしょうか。身体が拒む食べ物が身体に良いのでしょうか。

桜沢さんは、牛乳とは牛の赤ちゃんが飲むためにできているものである。牛の赤ちゃんのためにできた飲み物が人間の大人に良いわけがない。他の動物の赤ちゃんの飲み物を飲む大人などというのは人間だけであると喝破されております。

 

マクロビオティクスというのは元々ドイツ人のお医者さんでChristoph Wilhelm Hufelandさん(1762-1836)という人が言い始めたそうですが、それを世に広めたのが桜沢さんです。マクロビオティクスの世界を少し覗いて見ると、桜沢さんがものすごい人であったことが分かります。

まずは書いた本の数。ものすごい数の本を書いています。フランス語や英語でも出版されています。戦時中には堂々と反戦の態度をとって、その当時の権力者たちから大変な目に遭わされています。日本では意外とあまり知られていないマクロビオティクスですが、海外ではよく知られています。桜沢さんは、あのシュバイッツァー博士とも会って議論を交わしているそうです。

 

桜沢さんを始め、マクロビオティクスの達人たちは食事療法で何人ものがん患者さえも治してしまっています。「えっ? マクロビオティクスはがんも治しちゃうの?」と驚かれるかもしれませんが、キャベツを毎日食べるだけで下痢、花粉症が治り、風邪もひかなくなるくらいですから、ガンが治っても少しも不思議ではありません。

むしろ当然のことといえると思います。ガンや糖尿病も昔は一部のお金持ちしかかからなかったそうです。美味しいものではなくて、身体に良い食事を少な目に食べて免疫が高くなっていれば、生活習慣病などは元々人間とは縁のないものではないでしょうか。

川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康
進化が示す、健康法則」への1件のコメント
  1. senryusato より:

    江戸時代は一日二食。おやつは食べていたそう。適当な力仕事も多く、太った人は「金貸し」業とか
    代官とか・・・・。普通の人はその時代に全く適当な栄養素は摂っていたようですよ。
    ファストフードであった寿司もそばもうどんも食べていたし、茶店でお茶もした。でも肥満なんかいなかったし。結構なグルメだったそう。
    お姫さまなんかより、ずっと食生活はバラエティーに富んでいて
    栄養素も十分だったのが庶民の生活だったとされています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。