相続を簡単にするファンドストラクチャ-

ルクセンブルグでは2000万ユ-ロ以上の資産を持つ超富裕層の相続のためのファンド作成サ-ビスが盛んです。

大金持ちの人の相続はその相続物の種類が多岐に渡るため自分の財産がどのくらいあるのかを正確に把握することが非常に難しくなります。

例えばモナコにヨットを3台、フランスに城を一城、スイスに家を一軒と北海道にスキ-場をひとつ、ドイツの自宅にフェラ-リ3台、ルクセンブルグの銀行口座に現金200万ユ-ロ、債権100万ユ-ロ、株200万ユ-ロ、貸金庫に金20キロ、特大のダイヤを10個持っている方がいたとすると、この財産を正確に何ユ-ロと表示することは容易ではありません。

特に現金以外の物の価格は常に変動していて、総額のわからない遺産分割がいかに大変であるかということは上記の場合明確であると思います。

また、それぞれの相続物を維持する費用は相続手続き中にも発生し、相続手続き中は自由に遺産の売却ができないため、高額な維持費を支払い財産価格の維持をする能力が無い場合、建築物及び動産は老朽化し、長期に渡る相続問題が解決したころにはボロボロになった不動産資産・動産資産と莫大な管理費の請求書及び相続税が来ることになります。

お金持ちの家に生まれたにもかかわらず、遺産相続問題により財産を失う方は想像以上にたくさんいらっしゃいます。

ルクセンブルグのファンドサ-ビスはそういった問題を避けるためのサ-ビスで、財産の種類ごとの専門家が財産価格を計算し、財産の正確な総額を出します。

この総額はサ-ビスの契約時に再計算の周期(例えば6ヶ月に一度もしくは一年に一度)を決めるため、財産の価格変動に応じて総額が変動します。また作成されたファンドは100口、1000口などの単位に分けられ、相続人が2人いる場合でファンドの口数が100口である場合は50口ずつ相続(この場合は遺産総額の半分)、相続人が3人の場合は120口に分けて40口ずつ相続することができるため明確かつ平等に分けることができます。

また、ファンドですので相続分を売ることも可能です。

更に、ファンドの総額に合わせ、それを担保に現金を借り入れることも可能で、土地を相続したものの現金が必要になったという方には便利なシステムになっています。

ファンドにかかる税金に関してはルクセンブルグでは財産総額の0.01%(年間)が課税されます。

広告
カテゴリー: お金のヒント, 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。