ルクセンブルグをご存知ですか?

ルクセンブルグという国はフランス、ドイツ、ベルギ-に囲まれた小さな公国で人口は58万人前後です。

元々は農業国だったのですが、重工業、金融業、最近ではIT産業を発展させた結果、一人当たりの国民総所得は周りの国を追い抜き、失業率もフランス、ベルギ-より低くなっています。

給料水準はヨ-ロッパでもかなり高く、周りの3カ国からは毎朝出稼ぎの外国人が大勢ルクセンブルグに越境しています。 (私の住むフランスのThionvilleという町からは住人の40パ-セントがルクセンブルグに毎日出勤しています。)

しかしながら近年からの住宅バブルにより不動産価格が一般のサラリ-マンには購入不可能なまでに上昇し、学校を卒業しても新卒の給料でルクセンブルグでアパ-トの家賃を払えない若者が増加しています。結果、自国に住むことをあきらめて家賃の安い近隣諸国に引っ越すルクセンブルグ人も出てきており、問題になりつつあります。

また、ルクセンブルグの不動産価格高等の余波はフランス国境の町にも来ており、フランスの給料では自分の住む町の家賃が払えず、ルクセンブルグより遠く家賃の安い町に移住せざるを得ないフランス人も出てきています。

さて、ルクセンブルグは金融業に力を入れてきたため、国の行政機関、司法機関等は海外からの金融企業誘致に慣れており、ルクセンブルグには現在180前後の銀行と1000前後の金融業界のビジネスパ-トナの会社が存在しています。当然その業界での雇用者数はルクセンブルグの総雇用者数の中で重要な位置を占めており、GDPの引き上げにも一役買っています。

フランスやドイツと比べて日本人には知名度の低いルクセンブルグですが、欧州連合の中心に位置するという地理的好条件に恵まれ、近年は空港の拡張、路面電車などのインフラの整備を進めていてよりアクセスしやすく、ビジネスに有利な国に進化しています。

 

 

広告
カテゴリー: 未分類
ルクセンブルグをご存知ですか?」への2件のコメント
  1. senryusato より:

    知っています!日本には兄弟でルクセンブルグの音大に通った(学費無料)プロ
    ピアニストがいます。日本の芸術系の大学にお金がなく(5人兄弟)行けなかったとかで
    ルクセンブルグへ行ったらしいです。

    素晴らしい国、とべた褒めです。給与水準もたかいことも知っていますが
    本来の住人が近くの街へ追い出されたり、外国人だらけの労働になるのは
    少し残念です。

    小さく教育水準も高く、住民同士が仲がよい・・・・というイメージしかなかったもので。

    • vpbankyamada より:

      コメントをいただき、有難うございました。

      ルクセンブルグは一人当たりの可処分所得が非常に高く、周りの国から比べれば裕福でインフラや教育水準も高く、住みやすい国です。

      近隣諸国のようにインフレのみ進み、実質給料は下がるというようなグロ-バリゼ-ションの影響をできるだけ避けてもらいたいと願っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。