ピンコロ123  その3

約半世紀後の世界一を狙っていることはその1と2で書きましたが、今回はさらにもう少し詳しく…

.
狙っているのはマスターズ。それは陸上競技や水泳などのオジン、オバン向けのオリンピックみたいなものです。

.
水泳のマスターズの場合、日本は18歳からで、国際的には25歳からあるので、オジン、オバン向けという表現は不適切かもしれませんが、上は100歳のクラスとかがあります。

.
5歳ごとに年齢別でクラスが分かれていて、自分も含めた多くのオジン、オバンが元気に参加しています。

.
http://www.masters-swim.or.jp/about_10rules.php

.
下は各国の地区戦、そしてナショナル大会があり、一番上は世界戦です。

.
以前100歳クラスの100m短距離競争の世界チャンピオンが日本人のおじいちゃんで、砲丸投げも特訓中というニュースが出たので見た人もいるかも知れません。

.
マスターズに興味を持ったのは、何年か前に水泳に凝って個人レッスンを受けた時です。
健康のために泳ぎ、自己流でクロールのタイムを縮めてゆく練習をしていたのですが、1kmを泳ぐのにどうしても19分を切れません。

.
1kmを19分というのは、本格的に泳ぐ人たちにするとかなり遅いペースです。

.
元々色々なスポーツをかじり、スキー他、ある程度のレベルまで自己流でたどり着いたのですが、上手い人に教わると、グ〜ンと伸びることも知っていました。

.
そこで水泳を教えている人を新聞で見つけて習いました。水泳の個人レッスンです。
うちの子どもたちに水泳を習わせいたのですが、その待ち時間を利用して同じプールで個人レッスンを受けました。

.
その結果、僅か週に一度一時間程度、数ヶ月の間教わるだけで、簡単に19分を切るどころか、18分も切れるようになりました。

.
その先生からマスターズの存在を聞いて知ったのです。

.
その先生自身もドイツマスターズには何度か出たことがあるそうです。

.
参考までに世界マスターズの出場条件タイムを見てみると、今の自分が精一杯泳いだタイムが、何とか参加にはギリギリセーフ。

.
トップたちのレベルを見てみると、現在の自分のベストタイムと85歳代と同じタイム…汗。

.
つまり、今の自分のベストタイムは、マスターズ水泳世界大会では、85歳代のおじいちゃん達が叩き出しているのです…汗💦。

.
今のベストタイムをあと30年もキープするの(汗)?  

.
85歳というと、早い人はもう亡くなっているし、遅い人でも普通はどんなに頑張ってもおじいちゃん、おばあちゃんです。

.
そういう人たちが、今の自分がめちゃくちゃ頑張って泳いだタイムと一緒?
唖然です。

.
一体どうやって(笑)??

.
でもその先生から耳寄りなお話を聞きました。

.
その先生が実際に見た、あるドイツ水泳マスターズの90歳クラスか何かの大会のお話で、ヨレヨレのおじいちゃんが優勝したのは「その2」で書きました。

.
そこで思いつきました。

.
長生きだ!

.
寝たきりでは無理だけど、ピンコロ(*)高齢だ!

.
* ピンピンコロコロの略。高齢までピンピンとしていて、ある日いきなりコロっと逝ってしまうこと。

.
つまり例えば、自分がもし110歳くらいまでピンピンしていられたら、水の中では何とか泳げてゴールすれば、周りはみんな既にお墓の中か寝たきりなので、世界一も夢ではないという発想です。

.
長寿国として世界一の日本人には大きなチャンスが!

.
川崎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 老後, 健康, 医療と健康, 日本、日本人について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。