日経(BP)というネームバリューの威力

ある知り合いの社長さんの紹介で、あの日経BPにドイツのビジネス関係で私が書くコラムを掲載していただけることになりました。

http://www.nikkeibp.co.jp/atclcsm/16/062900012/

「えっ? 天下の日経に、私のような名もないドイツの片田舎の木っ端経営者が?」

これは絶好のチャンス?

それとも(ボロが出る)最大のリスク(?笑)。

以前、ホメオパシー関係で本を出している森さんから、「川崎さん、いっぱい書いているといいことありますよ」みたいな事を言われたことがあるのを思い出しました。

私の場合は書く才能がないので、正に「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」作戦でしょうか(笑)。

ポンポン書いているように思われるかも知れませんが、才能がないので、実際には一度書いた文章をしばらく寝かし、後で改善する作業を何度も何度も行います。

そんな事をしてまで書く理由は、「言いたい欲」の代わりのガス抜きです(笑)。

「ガス抜きに天下のインターネットで公害を垂れ流すな!」…笑。

私は人と話す時になるべく「言いたい欲」を抑え、聞く方に回るようにしています。

そうすると人間関係がスムーズになるからです。

人間誰でも「言いたい欲」を持っていて、ついついその欲を発散しては損をしてしまうことがあります。

聞き手に回ることでそれを避けられますが、聞くにもただ単に聞くだけではなく、タイミングの良い頷きや同意の合図が必要です。

でもそうするとガスが溜まります。それを書く方に回しているのです(笑)。

さらには書く内容が必ず誰かの役に立つように心掛けています。(「嘘つけ、公害やろ!」…笑)

勿論それは主観であって客観は分かりません笑。

政治のことに関しては、私の意見は右寄りなようで、左寄りの口の悪い人たちからは極右、ネトウヨとボロクソです…笑/汗💦。

川崎英一郎

www.eiichirokawasaki.de

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス
日経(BP)というネームバリューの威力」への6件のコメント
  1. 矢嶋 宰 より:

    <政治のことに関しては、私の意見は右寄りなようで、左寄りの口の悪い人たちからは極右、ネトウヨとボロクソです…>

    と最後に書かれていますが、それ以前までの内容とは一切関連性がないように見えますが、こういう話が突然でてきた背景がよくわからない・・・。

    さて、まるでご自分が私(たち)の反論・批判の被害者であるかのような書き方ですが、これまで川崎さんご自身お書きになってきたことはいかがなものかと・・・。以下ほんの一例ですが、ご自身のブログ・サイト内にも結構ありますね。

    これらをみると川崎さんご自身右寄りというより完全な右で、極右の考え方とものの見事に一致し連動した情報発信活動されています。川崎さんのような発言内容をもってネット上拡散している人たちのことをネトウヨ(ネット右翼の略語ですね)ともいいいます。

    わたしは川崎さんに左翼・左寄りだといわれますが(GHQの洗脳だとも)、それがボロくそなこととは思いませんけどね。意見の一つとして受け止め、それに対し反論があればそれを書いているだけのことですので。私は川崎さんのブログで、例えば右翼に対するヘイトスピーチをやるためにコメント等を残しているのではないので。書かれたことの矛盾点や問題点が指摘され、また批判されたことがボロクソだというなら、言論の自由なんてそもそも存在しないに等しいです。自分の言ってることを支持してくれない人の存在を加害者であるかのように印象誘導する「政治のことに関しては、私の意見は右寄りなようで、左寄りの口の悪い人たちからは極右、ネトウヨとボロクソです…」という書き方は川崎さんの姑息さというかずるさがにじみ出ちゃっているきがして残念ですね。もっと別に言い方があっていい気がしますが。すくなくとも左寄りから川崎さんに対してどんな悪口がでてきたのか具体的な事例をしめしながら、こういう発言されたほうがいいかと。

    https://netdeduessel.com/2016/09/23/%e7%ae%97%e6%95%b0%e3%81%a8%e7%90%86%e5%b1%88%e3%81%8c%e5%88%86%e3%81%8b%e3%82%8c%e3%81%b0%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e6%85%b0%e5%ae%89%e5%a9%a6%e5%95%8f%e9%a1%8c/

    https://netdeduessel.com/2014/11/08/%e8%99%8e%e3%81%ae%e5%a8%81%e3%82%92%e5%80%9f%e3%82%8b%e7%8b%90%ef%bc%8e%ef%bc%8e%ef%bc%8e%e3%80%80%e5%8c%bf%e5%90%8d%e3%81%a7%e5%bc%b7%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af%e3%80%81%e6%97%a5/

    https://netdeduessel.com/2014/09/14/%e6%85%b0%e5%ae%89%e5%a9%a6%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e7%b5%82%e6%ad%a2%e7%ac%a6%e3%80%82%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%99%e3%81%a7%e4%b9%b1%e6%9a%b4%e3%81%aa%e6%97%a5%e6%9c%ac/

    https://netdeduessel.com/2014/08/15/%e6%85%b0%e5%ae%89%e5%a9%a6%e5%95%8f%e9%a1%8c%ef%bc%9f%e3%80%80%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%81%aa%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%8c%e3%80%81/

    https://netdeduessel.com/2014/08/11/%e5%ae%89%e5%80%8d%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%80%81%e4%bb%8a%e5%b9%b4%e3%81%ae%e9%9d%96%e5%9b%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e5%8f%82%e6%8b%9d%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f/

    https://netdeduessel.com/2016/12/20/%e5%8f%8d%e5%af%be%e9%81%8b%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%98%af%e9%9d%9e/

    https://netdeduessel.com/2017/01/21/%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%ae%e5%8f%8d%e5%af%be%e3%83%87%e3%83%a2%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%85%8b/

    https://netdeduessel.com/2015/08/30/%e5%8d%97%e4%ba%ac%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%80%82%e5%ba%83%e5%b3%b6%e3%81%a8%e9%95%b7%e5%b4%8e%e3%82%92%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%9f%e5%8e%9f%e7%88%86%e6%ad%bb%e8%80%85%e3%81%a8%e5%90%8c%e3%81%98/

    http://www.netdejapanisch.de/%E4%BB%8A%E5%BE%8C%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8%E4%B8%96%E7%95%8C/%E6%95%99%E8%82%B2%E5%8B%85%E8%AA%9E%E3%81%AE%E5%BE%A9%E6%B4%BB/

    http://www.netdejapanisch.de/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E5%8F%B2%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E8%AA%8D%E8%AD%98/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%96%E3%82%8B%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%AE%9F%E6%85%8B/

    http://www.netdejapanisch.de/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E5%8F%B2%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E8%AA%8D%E8%AD%98/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%95%8F%E9%A1%8C/

  2. senryusato より:

    へえ、いいチャンスを掴みましたね、すごいSuper! 私は左ですが編集長を極右だとは思ってません。それにビジネスでは、政治的にどんな立場を取っていようとあまり関係ない、と思います。
    この欄の編集長より他に、EUのビジネスにおいて場数を踏んで経験を踏んでいる人もいなかろうと思います。
    どんどん偉くなって下さい。心より応援しています。
    私の頃はEUという言葉すらなく東西ドイツがようやく一つになったばかりでした。
    西ドイツから統一へそしてEUと三つの歴史を経ている編集長には最適任の仕事だと
    思います。
    自己主張の激しいEUの人々の中で聴く側に回ることのできる人というの見事な
    才能の一つだと思います。MOMOみたいです。なかなかこのような人材に巡り合えません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。