3月11日14時 Fukushima Gedenktag und Demo in Düsseldorf デモ&パフォーマンス

2017年3月11日、福島第一原発事故から6年となります。ドイツ公益社団「さよなら原発デュッセルドルフ」では、毎年行っているデモ&パフォーマンスを、今年もK20美術館前から行います。遠くから見物だけでも大歓迎!

【こぼれ話】前回ドイツの警察にデモコースの打ち合わせに行った時、警察の方が言いました。「脱原発のデモですか。それは良いことですね!」「でもこのコースは、ちょっと人通りが少ないです。こっちの方がアピールできますよ。」という事でコース変更(笑) 日本と違いデモは民主主義国家に住む市民の権利、警察の方々もとても友好的。


Die Atompolitik in Japan – nichts gelernt aus Fukushima!
大自然を守れ、地球を守れ。No Nukes, No AKW.
日本政府は福島から学べ

Auch 6 Jahre nach der Reaktorkatastrophe ist immer noch kein Ende in Sicht. Die Lage am AKW Fukushima dai ichi ist weiterhin instabil. Umwelt und Meer werden weiterhin radioaktiv verseucht. Die gesundheitlichen Folgen mehren sich!

Trotzdem will die Regierung aber wieder zurück zur Kernenergie und „Gras über die Sache wachsen“ lassen.

Lasst uns gemeinsam an die Folgen der Reaktorkatastrophe erinnern und vor den Weiterbetrieb kerntechnischer Anlagen warnen!

原発事故から6年経った現在でも、福島第一原発では核爆発を起こさない為に、原子炉に毎日400トンの冷却水を注ぎ続けている。空と海には膨大な放射能が放出されている。甲状腺がん等の病気も増えて来た。

それでも日本政府は原発を推進する。再稼働を進める。20ミリシーベルト/年の汚染された土地に帰還を進める。8000㏃の汚染土を日本全土にばら撒く世界初のフィールドテストも始まった。そして事故が起きても安全だと言って原発を輸出する。このような状況は、日本では巧妙に報道が自主規制され人々の記憶も薄れてゆく。だからこそ!

私達はデュッセルドルフから原発事故犠牲者を思い、核エネルギーの危険性を訴えよう!

Samstag, 11.03.2017. 14:00 3月11日(土)14時
Fukushima Gedenktag und Demo in Düsseldorf
デモ&パフォーマンス

Treffpunkt/集合場所: Kunstsammlung NRW am Grabbeplatz 5 in Düsseldorf.(K20前)

Beginn der Redebeiträge zur gegenwärtigen Situation in Fukushima und der japanischen Atompolitik (Antiatom-Gruppe Mamademo aus Tokyo), musikalische Beiträge und anschließender Demozug (ab 14:30 Uhr) durch die Stadt.

東京からの来賓アクティビスト「ママデモ」さんのスピーチ。デュッセルドルフ在住日本人アーティストによる音楽とパフォーマンス。東京・経産省前テントひろば「反原発美術館」2作品展示。(市内デモ行進14時30分スタート)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Am 12.3. 14:00 Uhr veranstalten wir einen Vortrag mit dem Fotojournalisten Kenji Higuchi. Bitte sehen Sie unsere Homepage(https://www.sayonara-genpatsu.de/termine/).
3月12日14時から日本を代表する写真ジャーナリスト、樋口健二先生の講演会。場所Am Ökotop 70 Düsseldorf。詳細ホームページをご覧ください(さよなら原発デュッセルドルフ次回アクション)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Veranstalter/主催者: Sayonara Genpatsu Düsseldorf e. V. 「さよなら原発デュッセルドルフ」


日本から来られる「Mamademo」さん紹介動画。
https://youtu.be/YHjil-L60ow

https://www.facebook.com/antinuketent2015/経産省前テントひろば 反原発美術館(Occupy Kasumigaseki Anti-nuclear Tent Museum)さんから作品をお借りして展示します。

早川由美子館長より下記メッセージを頂きました。当日配布予定ですが、ブログ読者の為に特別に先行で、日英語にて転載します! 作品は、来場してご覧になって下さいね(笑)
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
親愛なる、デュッセルドルフの皆さま
Dear friends in Düsseldorf

今日、こちらにお集まりになった皆さまに、遠く日本から、連帯の気持ちでこのお手紙を書いています。
I am writing this letter to you in solidarity from far away Japan to everyone who has gathered this day.

私たちは、日本の原子力政策に反対し、脱原発を求める市民たちの声を政府に届けるべく、2011年9月11日に、経済産業省管理のポケット・パーク内にテントを建て、抗議活動を続けてきました。
On September 11th, 2011, we built a tent to protest against Japan’s nuclear policy and deliver the people’s voice to our government, seeking to renounce nuclear energy. The tent was built in the Pocket Park managed by the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI). We built a tent at the corner of the ministry’s site as they are in charge of the Japan’s nuclear power policy. We have continued protesting since and had three tents.

2013年3月、テントは経産省から立ち退きを求められ、訴訟を起こされました。脱原発を主張し、地裁、高裁と争ってきましたが、2015年10月、高裁で「控訴棄却」の判決が出ました。高裁での判決をもとに、テントがいつ撤去されてもおかしくない状況になったとき、脱原発を願う市民の声を、今まで以上にアピールしようと、2015年12月5日、「反原発美術館」がオープンしました。テントのうちの丸ごと1棟を美術館にして、アーティストたちがテントの布地に直接絵を描き、映画を上映し、木版画のワークショップを開催し、ライブ演奏なども行われました。
In March 2013, METI filed a lawsuit to evict our tents. We have fought, advocating nuclear power be phase-out, however, we lost at the local court. Then we appealed against the decision to the higher court. However, the higher court gave a decision of discontinuance in October, 2015. When the tents could be forcibly removed at any time in accordance with the previous judgement of the higher court, we opened the Anti-nuclear Tent Museum on December 5th, 2015 in order to have an even stronger appeal for the people’s voice for renouncing nuclear energy. We made one of the tents an art museum, and artists drew pictures directly on the tent fabric, and hung art works. We also showed films, held woodblock print workshops and live music performances, and so on.

2016年7月、最高裁で「上告棄却」の決定が出され、国側は、2016年8月21日未明、周辺の道路を封鎖し、総勢100名以上の警備態勢で、テントを強制撤去しました。反原発美術館のテントと全ての寄贈作品も、強制執行により押収されてしまいました。
Following the decision by the higher court, we made a final appeal to the supreme court, however, in July 2016, the supreme court turned down our final appeal. In the early morning on August 21, 2016, the government blocked the roads surrounding our tents, and more than one hundred officers and guards took down our tents by force. The Anti-nuclear Tent Museum and all donated art works were also forcibly confiscated.

脱原発を求める国民の声と場を、恫喝訴訟と強制撤去によって奪おうとするならば、私たちはそれを奪い返し、修繕し、またどこにでもテントを建てよう。更に作品を増やしながら、声を上げ続けよう・・・。私たちは奪われた反原発美術館のテントと寄贈作品を取り戻し、現在は「移動可能・貸出可能な美術館」として、日本、そして世界の脱原発を願う市民の皆様に、テントや作品を貸出しています。
Given that our government tried to deprive the people’s voice and the place people gathered where they seek future with no nuclear power plants, through intimidation by a law suit and forcible removal, we will repel it, repair it, and build our tent in any place. We will continue to raise our voices and increase art works to campaign against nuclear power plants. We regained the confiscated Anti-nuclear Tent Museum with donated art works, and now we made the tent and art works into a movable and lendable museum. We lend them to people who wish no nuclear power plants in Japan and the world.

今日、皆様にご覧いただいている作品も、反原発美術館の所蔵作品です。
Art works that you are watching today are the part of works of the Anti-nuclear Tent Museum.

中央に、日本語で「まもろう」と大きく書かれたこちらの作品は、岐阜県在住のアーティスト、柚木ミサト(ユギミサト)さんの作品です。彼女は、震災後、「赤いつぶつぶの絵」シリーズとして、目に見えない放射能を赤いつぶつぶに例え、日本中のあらゆる場所に放射能が降り注いている、日常の中に放射能汚染があるというメッセージを伝える絵を発表してきました。
This work, that has large Japanese letters, “Mamorou (Let’s protect)” written in the middle, is a work by Ms. Misato Yugi, an artist living in Gifu Prefecture. After the nuclear accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, she likens the invisible radioactivity to a red dot, in a series of her work of “red dotted picture”. She presented works that convey the messages that radioactivity is falling down everywhere in Japan and radioactive contamination is in our daily life.

もう一つの作品は、渋谷を拠点に活動する、覆面のグラフィティアーティスト、281_Anti nukeさんです。彼は、震災をきっかけに表現活動を始め、原発事故の恐ろしさや、政治の腐敗、国民の無関心を鋭く突いた絵とメッセージを、渋谷の路上のあちこちで発表しています。この作品のメッセージはご覧の通り、「Don’t trust government, television, big company & nukes」と書いてあります。この作品も、彼はステッカーにして、渋谷の路上に貼っています。数日後にはすぐ剥がされてしまうそうですが、もう何年も、渋谷の路上にステッカーを貼り続け、人々にメッセージを届けています。
Another work is by “281_Anti nuke”, a masked graffiti artist who works based in Shibuya Ward, Tokyo. He began expressive activities triggered by the Fukushima nuclear disaster, and has exhibited sharply striking pictures with messages in various places on streets in Shibuya. They are about the horror of nuclear accidents, political corruption, and people’s apathy. As you can see the messages of his works, “Don’t trust government, television, big company & nukes.” He made this work into stickers and posted in many places on the streets of Shibuya. Although it seems that they are peeled off in a few days, he has been posting stickers on the streets of Shibuya for years to deliver messages to the people.

東日本大震災と福島原発事故をきっかけに、日本では原発をテーマにした表現活動が盛んにおこなわれるようになりました。それらを「311後の日本のアート」として研究をしている海外の研究者もいると聞きました。このお二人は、311後の日本のアートを代表するアーティストとして知られています。
In Japan, the Great East Japan Earthquake and the Fukushima nuclear power plant disaster have energized many art activities based on the theme of nuclear energy. I even heard that some overseas researchers are researching them as “Japanese art after 311”. These two people are known as artists representing Japanese art after 311.

ここ日本では、いまだ原発事故の収束も見えぬまま、政府は2020年”復興”オリンピックに向けて、邁進しています。福島に対する差別と分断は、ますます根深く、見えにくくなってきています。私たちは、デュッセルドルフの、世界の皆さまと、今まで以上に力を合わせて、脱原発を求めていかねばなりません。「これから」が正念場です。
Before Japan has had the chance to recover from the nuclear accident, the government is concentrating its efforts towards the 2020 Tokyo Olympic games. It may appear to the world as though Fukushima is no longer an issue. Discrimination and division against the Fukushima disaster victims is becoming more and more deeply rooted and difficult to see. We must seek renouncing nuclear energy by joining hands with people in Dusseldorf, and people in the world more than ever. “From now on” is a critical stage.

デュッセルドルフの皆さまとこれからもともに歩み続けたいです。
どうもありがとうございます。
I would like to continue fighting together with you, people in Dusseldorf. Thank you very much.In solidarity,

経産省前テントひろば・反原発美術館
Yumiko Hayakawa, Director
and friends of Anti-nuclear Tent Museum
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 
flyer-demo-2017-5%e5%b0%8f


 

 

広告
タグ:
カテゴリー: おでかけ, 時事
3月11日14時 Fukushima Gedenktag und Demo in Düsseldorf デモ&パフォーマンス」への1件のコメント
  1. […] 山本太郎 国会議員から3月11日14時からのデモ&パフォーマンスに力強いメッセージを頂きましたのでご紹介します。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。