腰痛の人に朗報 その2。ボルダリングのすすめ その2。

以前、「ボルダリングのすすめ」で、その壁登りスポーツの良さを書きました。

ボルダリングをやっていたら、四十肩や五十肩などにはならないであろうどころか、痩せられた上に腹筋や背筋、腰の周りなど身体のあちこちの筋肉を鍛えられ且つ絞れると…

今回「その2」として説明をもっと深掘りしようと思ったのには勿論理由があります。

つい先日、黄色のコースである、Schwer(=難しい) を登るのに苦戦していると、後ろからドイツ語で「そこは反対の手で掴んで、左足の膝を使うんだよ」と声がかかりました。

なるほど〜、言われた通りにやってみると意外にすんなりクリアー。

お礼のついでに話しかけてみると、相手は55歳でボルダリング歴が15年だそうです。

腰痛に悩まされていた40歳の頃にたまたまボルダリングを始めたら、それ以降腰痛は一度も出ていないそうです。

ボルダリングが腰痛に良いと考える人は私だけではありませんが、そこには理屈があります。

曲者(?)は重力です。地球上にも、普段ついつい忘れがちな、物を下に落としてしまうという物凄い力の重力があります。

その物凄さと言えば、重いものを爪先にでも落としようものなら…

この重力があるからこそ、猿と別れた人間はこんな姿になったようですから(詳しくはこちら)、重力のない宇宙に行けば腰痛にもならないはずです。

ボルダリングの場合、手を使って重力に逆らい上に登ります。つまり、特に初心者向けのオレンジ(とても簡単)とブルー(簡単)のコースの場合はしょっちゅう肩の辺りと腰の辺りが伸ばされる訳です。

登るための取っ掛かりが色で別れていて、各色がその難易度を示しています。

中級のグリーンレベル(中級)からは、様々な方向に押したり引いたり、足腰までかなり使います。

イエロー(難しい)になると、かなりの腕力と、さらに肘から先の指の筋の力なども必要です。

指先の筋の力が付くまでは一年かかると言われています。

上級のレッドコース(難しい) になると、その指先の筋の強さが必要不可欠です。

Extremeという、極端に難しいブラックコースをこなす人には、「あなたはスパイダーマン?」と言いたくなるほどです。

前述のドイツ人、私と同じように自営業なのか平日の日中に来るそうですが、何と週三で毎回3時間半。

私は週ニで1時間程度。さすが、ゆとりのドイツ人。ふっと思いついて手を見せてもらうと、ゴツゴツで豆だらけ。

そこまでやらなくても大丈夫ですが、是非一度ボルダリングをお試し下さい。

私がよく行くデュッセルドルフのモンキースポットには、レベルがオレンジからブラックまで6コースあり、約1.000m2 の広い面積にオーバーハングなどもふんだんにあります。

オーバーハングではない比較的簡単なスロープで色別のコースをご覧下さい。

レベル - オレンジ(very easy)

取っ掛かりが大きくて掴み易く、

数も多くあります。

 

レベル - ブルー(easy)

オレンジより少し難しくなります。

レベル - グリーン(middle)

腕力やコツ、押したり引いたりの複雑な動きが必要になってきます。

 

レベル - イエロー(difficult)

取っ掛かりが小さくて少なく、それを得るのに一年かかると言われている指先の筋力や足腰のひねりなども必要です。

 

レベル - レッド(very difficult)

注意することはやはり過ぎないことです。

過ぎたるは及ばざるが如し。

私も結構努力家な方(?)なので(自分で言う奴は本当は嘘つき/笑)、ついつい頑張り過ぎて左肩を痛め、もう一年以上がたちます…涙。

私はまだ中級の下ですが、それでも良ければ手ほどき可能です!

但し、平日の日中のみになりますが…

川崎英一郎

www.kenkoichiban.de

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康
腰痛の人に朗報 その2。ボルダリングのすすめ その2。」への4件のコメント
  1. netdeduessel より:

    このスポーツ人口はどんどん増えると思います。
    その理由は、まず第一にプチ成功体験を連続して行えること。
    次に、フィットネスに行ってパワートレーニングをする必要がなくなってしまうからです。

  2. senryusato より:

    身体が大きくなくてもできるし、器用さも必要だし
    その点が、日本人にあっているのかも。NHKドイツ語講座では
    「ボルダリング」が趣味という人がどんどん登ってました。

    ドイツでは人気のスポーツなんでしょうか。

  3. netdeduessel より:

    二十歳位の凄いチャンピオンもいたかと…

    確か野口何とかさん…

    先日フランスの大会でも若い日本人男性が優勝だったそうです。

    日本人がボルダリングに合っているのかも知れません。

    オリンピックが楽しみです。

  4. senryusato より:

    見ただけでダメ。もうなんでこんな絶壁を!!!見ただけで筋肉痛です・・・・・。
    ちなみに日本一のボルダリング女子選手は、14才。中学生女子。
    ほっそりしている上に腕が長く、脚も長く。最難関のコブをおさるさんのように頭を下にして
    どんどん上を登っていきます。
    東京五輪では、オリンピック種目。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。