小出裕章先生から「さよなら原発デュッセルドルフ」へのメッセージ

Atomkraftfreie Welt-SAYONARA Genpatsu Düsseldorf e.V.」――これは私たちがドイツ、デュッセルドルフで設立した公益社団(日本語名「さよなら原発デュッセルドルフ」)である。読んで字のごとし、日本の、そして世界の原発と永遠にサヨナラしようというのがその目的である。

2011年に起きた福島の原発事故は、ドイツに暮らす私たちにも大きな衝撃だった。日本人として何よりももどかしかったのは、ドイツで得ていた情報と日本で流通しているそれとの間に、かなりの格差があったこと。しかし、大飯原発の再稼働をきっかけとして、日本で上がった脱原発を求める声に、私たちも手をこまぬいているばかりではなく、彼らに連帯しようと海のこちら側で立ち上がったのだった。

とはいえ、原発を取り巻く日本の状況は悪化の一途をたどっている。原発被災者を差別し、いまだ汚染されている地域に無理やり帰還させ、原発を再稼働させるばかりか、輸出までもくろむ日本は、2022年までに原発から撤退すると決めたドイツ人たちから見ると不可解の極み、「なぜ日本人はそれに反対しないのか」という問いになる。

ドイツでは、たとえばトルコで専制政治が行われていることはみんな知っているが、日本の政治が極端に右傾化し、メディアを規制していることはほとんど知られていない。原発に反対する活動家には公安の尾行がずっとつき、日本で行われるデモはもちろんのこと、私たちがドイツで行うデモにすら、日本の公安が来て参加者の顔写真を撮っていくということをドイツ人に話すと一様に驚かれる。そこで、私たちは、原発に反対するばかりではなく、ドイツ人にこのような日本の現状を知らしめる任をも負っていると考えている。
今回、私たちの活動に、日本から小出裕章先生の強いメッセージをいただいた。皆様にご紹介し、さらなる一歩を進めていきたいと思う。

文:Sayonara Genpatsu Düsseldorf
======================================
Youtube
2017/01/09 に公開

小出先生からのご挨拶  2016年9月22日

Eine Grußbotschaft von Professor Koide

https://youtu.be/NrHzoWelHDw

======================================

さよなら原発デユッセルドルフのみなさん、今日は。
Liebe Mitglieder der Sayonara Genpatsu Düsseldorf,

日本の小出裕章と申します。
Mein Name ist Hiroaki Koide aus Japan.

わたしは長い間、原子力の場で生きてきました。
Ich habe lange Zeit in der Forschung der Atomenergie gearbeitet.

そして大きな事故が起きる前に原子力発電所を止めたいと思ってきましたが、わたしの願いはついにかなえられませんでした。
Mein Wunsch war es, die Atomkraftwerke vor einer großen Katastrophe abzuschalten. Doch ging dieser Wunsch nie in Erfüllung.

2011年3月11日にフクシマ第一原子力発電所でわたしが本当に恐れていた事故が起きてしまいました。
Am 11.03.2011 trat am AKW Fukushima Daiichi genau dieser von mir befürchtete Unfall ein.

大量の放射性物質が噴きだしてきて、日本はもちろん、ドイツも含めて、世界中に拡散して汚染を広げてしまいました。
Eine riesige Menge an radioaktiven Substanzen wurde freigesetzt und breitete sich nicht nur in Japan, sondern auch in Deutschland und in der ganzen Welt aus.

ドイツのみなさんに対しても、まことに申訳ないことだったと思いまして、これから未来を背負っていく若い人たちに被爆をさせてしまったということを何より申訳なく、そして悔しく思います。
Ich empfinde deshalb ein tiefes Bedauern für die Bürger in Deutschland und in der ganzen Welt, besonders dafür, dass die jungen Menschen, die unsere Zukunft tragen, verstrahlt wurden.

ドイツではフクシマの事故をふまえて、原子力をやめるという方向に再度ステップを踏んで下さったわけで、そのことをわたしはありがたく思います。
Aufgrund dieser Reaktorkatastrophe von Fukushima hat man in Deutschland den Atomausstieg beschlossen und den ersten Schritt getan, wofür ich sehr dankbar bin.

ただ、残念ながら、当の日本ではいまだに10万人もの人たちが生活を根こそぎ破壊されて流浪化する、そしておよそ1000万人にもおよぶだろうという人たちが高齢を守るのであれば、 放射線管理区域にしなければならない汚染地区に捨てられてしまって、そこで水を飲み、食べ物を食べ、普通の生活を送らざるを得ないという状態に陥りさせられてしまっています。
Das Traurigste ist aber, dass in Japan immer noch für 100.000 Menschen der Alltag komplett zerstört wurde und dass sie immer noch heimatlos sind. Ca. 10 Mio. Opfer sind allein gelassen in einem verseuchten Gebiet, das zur radioaktiven Sperrzone bestimmt werden sollte. Hier müssen sie von verseuchtem Wasser trinken, von verseuchten Lebensmitteln leben und einen normalen Alltag bestreiten.

しかし日本のこの国はマスコミもすべて統制して情報を流していません。
Der japanische Staat kontrolliert auch die Massenmedien, so dass nichts darüber berichtet wird.

事故当日、原子力非常事態宣言が発令されて、現在、日本は緊急事態下にあって被爆に関する法律も停止されてしまっています。
Am Tag des Unfalls wurde der atomare Notstand einberufen, so dass in Japan das Gesetz zum Schutz vor Verstrahlung heute noch außer Kraft gesetzt ist.

すでに5年半以上たちましたが、緊急事態宣言はいまだに解除されないまま - 日本は緊急事態宣言の下にあるという、そういう国にあるのです。
Es sind mittlerweile 5 ½ Jahre seit dem Unfall verstrichen, aber der Notstand ist immer noch nicht aufgelöst. Solch ein Staat ist Japan.

しかしマスコミがそのことを全く報道しないがために人々は今やフクシマの事故を忘れ去るという、そのような状況に陥ってしまっています。
Durch diese Verschwiegenheit in den Massenmedien geraten der Unfall und die Situation in Fukushima immer mehr in Vergessenheit.

まことに残念ですけども、わたしとしても何としても原子力をやめさせるというためにこれからも働きたいと思いますし、子供たちの被爆というものをともかく減らさねばいけないということのためにこれからの時間を使いたいと思っています。
Das ist wirklich sehr traurig und ich werde alles daransetzen, dass die Nutzung der Atomkraft beendet wird. Ich werde mich in der mir verbleibenden Zeit dafür einsetzen, dass nicht noch mehr Kinder durch Radioaktivität geschädigt werden.

ドイツのみなさん、力強く原子力をやめるという方向に歩んで下さっていますので、わたしもそれに学びたいとおもいますし、今後もぜひともお力をお貸しし、貸して下されば有難く思っております。
Liebe Mitbürger in Deutschland, Sie befinden sich schon zielstrebig auf dem Weg zum atomaren Ausstieg. Wir möchten von Ihnen lernen und uns gemeinsam stützen und weiter kämpfen.

よろしくお願いします。
Mit besten Wünschen und Grüßen

広告
タグ:
カテゴリー: 時事
小出裕章先生から「さよなら原発デュッセルドルフ」へのメッセージ」への2件のコメント
  1. senryusato より:

    例えば・・・原発をやめて代替エネルギーは何になるのでしょうか?
    福島は状態を取り戻しつつありますが、世界に冠たる「自殺県」となってしまいました。
    宮城の地震の根こそぎ家などを波にさらわれたのではなく、「家があるのに」帰れない
    という宙ぶらりんの状態が精神状態を不安定にさせるそうです。

    6年たてど問題は深刻さを増すばかりです。

    • bontaka より:

      代替エネルギーは、一言で言えば「再生可能エネルギー」です。
      ドイツの政策、どれくらい再生可能エネルギーが増えているか等、ググれば直ぐに出てきます。

      今年年始の嬉しいニュースもありました。ご存知ですか?
      オランダ鉄道は、電車を「風力100%」で運行!
      http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/16/news030.html

      原子力エネルギーは通常運転時でも絶えず放射能を放出し、膨大な排出水によって海水温度の上昇ももたらします。そして、作業員を被爆させ緩慢に死においやります。そのような電気を私は使いたくありません。3月12日の樋口健二さんの講演会に是非おいで下さい。
      いかに、原発が通常運転時でさえ犠牲者を出すか、知って欲しいと思います。

       下記に、少しその写真も掲載しました。
      https://www.sayonara-genpatsu.de/%E6%AC%A1%E5%9B%9E%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-next-action/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。