意外と知らない人が多い、鍵が閉まらない、開かないドアの閉め方、開け方

ドイツに住んでいて、ドアの鍵が開かない、閉まらないということが時々あると思います。cid_4ab6e190-e80a-45b7-8e54-244bb75357af

そういう時は、ドアの取っ手の直ぐ上など、鍵の近くをドアが開く方向と逆に強く押して試してみて下さい。

引いて開くドアなら強く押す、押して開くドアなら取っ手を持ってドアを強く引きます。

そうすると鍵が回るようになります。

さて何故でしょうか?

写真のドアはその方法を示しただけで、このタイプのドアには普通その問題は出ません。

問題が出るドアは、白いドアなどのペンキを塗るタイプです。

ドアとドア枠にペンキが塗られるので、その部分が厚くなり、今までキチッと閉まっていたものが、ペンキで肉厚になってキチッと閉まらなくなるのです。

そこで強く引いたり押したりが必要になります。

肉厚が過ぎると、ノミなどでその部分を削ったりすることが必要になります。

川崎英一郎

http://www.eiichirokawasaki.de

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 住まいと暮らし
意外と知らない人が多い、鍵が閉まらない、開かないドアの閉め方、開け方」への1件のコメント
  1. senryusato より:

    ふーんペンキですか。なるほど。札幌は北国で50年ぶりの雪でした。大雪。
    余りのマイナス気温の連続と雪の吹込みで、今年の冬はドアがきつーーーく閉まりました。
    鍵穴まで危なく凍る所でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。