武田邦彦教授の深〜い、鋭い見方

私には、デュッセルドルフの日本人子女の教育関係に従事する日本人で少なくとも三人は尊敬する方々がいます。

1人はもう30年くらい知っている人ですが、長く日独のことで貢献されて、色々な実績も残しています。

1人はある日本の教育システムの普及に努め、ボランティア活動もされています。

私は基本的にボランティア活動をする人が好きです。

なぜなら今の世を悪くしているのは甘えと利己主義だからです。

自分の得になるかならないかが利己主義の物差しです。

ボランティアは自分以外の人のためになることを目指します。

そして残りの1人が武田教授の存在を教えてくれて、それが「虎ノ門ニュース」に繋がり、そして青山繁晴さん他にまで繋がりました。

同じ頃、「ネットdeデュッセルは右翼団体 ?」という噂があることを知り、さらには私が日本のことを良く書いたりすると、鋭い批判、突っ込みのコメントを入れてくる方がいました(今も)。

そしてそれは、それまでほとんど何も知らなかった左翼・右翼のことを調べるまでに至りました。

そこで今回ご紹介するのは、ちょっと(いえ、かなり)変わった武田教授が登場する虎ノ門ニュースです。

武田教授は一見右寄りと思いがちですが、原発反対で護憲派という立場からその奇異さ加減が分かります(笑)。

彼からひしひしと伝わってくるのは、何とかこの世(日本)を良くしようという思いです。

川崎英一郎

http://www.eiichirokawasaki.de

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 時事

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。