なぜデュッセルドルフの駅前の(ボランティアの)掃除などをするのか?

毎月、第三日曜日の朝10時、デュッセルドルフの駅前の掃き掃除をしています。

私ひとりが寂しく掃除をしているのではなく、有志が何人か集まってくれています。

少ない時で3,4人、多い時で10人前後集まってくれます。

そしてみんなで掃き掃除をしていると、そこを通りがかる人たち(ドイツ人他)によく聞かれるのが今回の題名です。

なぜそんなことをするのでしょうか?

その理由は集まってくれる人たちによって一人ひとり違うと思いますが、私に関しては今の世の中に対して何かをせずにいられないからです。

聞かれた際の答えとしては、「きたないから...」、「住ませてもらっているドイツに恩返しをしたいから...」 などの思い付きの簡単な理由を述べておきます。

でも本当の理由は平和に結びつくからです。

1980年代の後半、ニューヨークは無法地帯、犯罪都市と化していましたが、それがどうやって普通の大都市に戻ったのでしょうか?

テロが多発する今の欧州からは、ついついあの頃のニューヨークを思い出してしまいます。

それをここで説明すると、「割れた窓理論」なども出てきてとても長くなってしまうので、興味のある方は次のページを一度ご覧ください。

https://wirmachendeutschlandsauber.jimdo.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E/%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%8E%83%E9%99%A4/

メルケルさんのように変なおセンチに惑わされるのではなく、ロジカルな考え方のできる方でしたらすぐに理解できます。

でもこの活動って、参加する人たちの得になることが何もないのです。

それが理由なのか、あまり広まっていません。

日本では既に10万人もの参加者がいるそうです。

でもドイツでは...

今の世の中って、利己主義、個人主義が蔓延しているので、自分の得にもならないそんなことをなんでするの? ということになってしまうようです。

でも今の世の中を何とか良くしようとするにはこのような活動も欠かせないことのひとつだと思います。

その理由をお知りになりたい場合はやはり前述のリンク先を一度読んでいただくしかありません。

一人でも多くの協力参加者を心からお待ち申し上げております。

川崎英一郎

http://www.souji.eu 

 

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。