自信を持って世界に誇れる日本の新幹線

デュッセルドルフの中央駅近くで車を運転中、高架線の上をICEが通過しました。それを見て何年か前のICEの事故を思い出してしまったのですが、新幹線は在来線を走っていません。専用線です。事故の原因はその辺にもないでしょうか?

ドイツ人向けの日本紹介本、Das Wunderland Japan(

不思議の国の日本) の校正を行ってくれたドイツ人の1人から、日本の新幹線に関する情報で事実と異なる点があると言われました。

その本は、寿司、相撲、神風などという単語やその意味を多少は聞いたことがあっても日本のことをほとんど知らない一般的なドイツ人向けのものなので、なぜ日本にはこうも天災が多いのかという理由から始まり、どれだけ日本が西洋と違うかを色々と説明した日本についての「いろは」が書かれています。

その中で、日本の電車のダイヤの正確さや新幹線の無事故の実績が書いてあります。日本の都市部を走る電車は、1つのホームに電車が数分毎に次々と入ってきては出て行きますが、その正確さは世界で唯一で、外国人には驚愕の事実です。

ドイツでもそういう点では正確そうだと想像しがちですが、実態はかなりいい加減で電車はしょっちゅう遅れます。公式発表でも正確さが80%とか何とか言っているレベルです。

もし日本の電車のダイヤが80%程度しか正確でなかったら、日本の都市部はあっという間に大混乱に陥ります。日本の電車のダイヤはその位正確で凄いのです。

そして新幹線の過去の事故の少なさをご存知でしょうか? 無理な駆け込み乗車を試みて失敗し、手を挟んで引きずられて亡くなってしまった学生などの事故はあるものの、本来の意味での事故らしい事故はこの半世紀以上もの長い間皆無なのです。

ドイツ人の指摘はその点でした。「数年前に大きな事故があったばかりではないか!」と。「えっ、事故があったの?」自分が知らない事故が最近あったのかと慌てて調べてみましたが出てきません。

そして先日中国で起きた事故を「フッと」思い出して聞いてみると正にそれであることが分かりました。

「あれは中国で起こったことで、日本人はあれを新幹線とは思っていません。線路などを含めるシステム全体で運用せずに電車だけ走らせる真似をしても新幹線とは言えません」

川崎英一郎
広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

カテゴリー: ドイツの暮らし

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。