娘の口から出た、「差別しないで!」で読めた!どうして最近「差別」という言葉が頻繁に使われるようになったのかの理由。

平日毎朝子供たちを起こすのは私の役目になっています。

カミさんは朝が弱く、逆に私は強いのがその理由です。

6時から約30分かけて14歳の娘と11歳、9歳の息子たちを起こします。

ちなみに起こす方法は、娘はもう思春期なのでできませんが、二人の息子の場合は彼らのベットにもぐりこみ、くすぐりながら起こします。

一発で急に起きてもらうのは無理なので30分も時間がかかってしまいます。

さて最近気が付いたのが、子供たちが床に服を脱ぎ捨てておく光景です。

日本人なためか、アメリカ映画でよく見る靴を履いたままベットに乗っかるというのはどうも受け入れられません。

逆に洋服を床に置いたままにしておくというのも放っておけません。

だらしがないということでそれを注意するのですが、今朝娘に対して「女のくせにだらしがない!きちんとしなさい!」と言った時にタイトルの啖呵が飛び出ました。

つまり、どうして女だけだらしがないのはいけないのか?

男はだらしがなくても良いのか? という言い分のようです。

ちょっとだけしまったかな? と思いつつも、言い訳として出てきたセリフというのがありありなので言い返しました。

「何? 差別? お前は男と女が同じだとでも思っているのか?」

「世の中には変な男女平等を謳っている馬鹿どもがいるけど、それがいかにくだらないことか知らないのか?」

「男は逆立ちしようが何しようが、どんなに頑張っても、子供を産むことなどできないのだぞ!」

「逆に女はどんなに頑張っても戦闘機を操縦する奴などいないのだぞ!」

「そういう事実を無視して何が差別だ!

「だったら俺も子供を産めるようにしてくれ!」

「男と女には差があって別なものだ! 馬鹿も休み休み言え!」

ちなみに同じようにだらしない息子たちには、「男のくせにだらしない! しっかりとしろ!」と言っています。

最近この「差別」という言葉が頻繁に言われるようになっているようですが、それはどうやら今回の娘のごとく、どうやら言い逃れ、言い訳として出てきているのではないかと気が付きました。

沖縄で「土人」発言が取り沙汰されました。「土人」という単語の発言のみがスクープされ、その言葉が出るに至った経緯は報道されていないようですが、それ以上のトンデモ発言がいくつも出た末の「土人!」発言だったそうです。

何かと言うとすぐに出てくる「差別」という言葉。

特に左翼やおかしな反対運動をしている人たちから出るようですが、それを若者たちも真似しているのではないでしょうか

次から「差別」と聞いたら、「ああ、この人は言い訳、言い逃れをしたいんだ」と理解すればいいのかもしれません。

川崎英一郎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし, 子育て, 教育
娘の口から出た、「差別しないで!」で読めた!どうして最近「差別」という言葉が頻繁に使われるようになったのかの理由。」への3件のコメント
  1. netdeduessel より:

    仰るとおりです。
    以後、気をつけようと思います。

    真摯で素敵なアドバイスを誠にありがとうございます!

    川崎英一郎

  2. より:

    恐らく論点がズレているものと思われます。「~のくせに」という言葉は、「私はこの属性がこういうものだと認識している(己自身の価値観という偏見)」という心理が見て取れます(これも私の偏見です)。女と男はお互い良い面がたくさんあります。ですが、馬鹿が意味を変えて伝言ゲームをしてしまうのです。「男(女)のくせに」という言葉自体を「自分の属性はしなくて良いが、お前の属性はしろ。」という風に「差別の道具」とします。これが差別です。皆が皆、貴方のように違いが分かっているわけではありません。習慣は(言葉も含めて)、自身の将来の価値観にも影響を与えます。どうか、ご留意くださいますようお願い申し上げます。「こういった理由で(属性以外の理由を細かく述べる)貴方は片づけましょう(人種男女等問わず)」でよろしいかと。人間、生涯勉強でしょう?どうか、学ばない馬鹿に餌をやるような真似はなさらないでください。それらの言葉は馬鹿が汚してしまったので、悪い意味にとられる可能性が多々あります(口には出しませんが)。文明化以前も以後も、女が闘うこともあります。国を守るのに男女関係ありません。昔も今も男らしくない者はいるものです。「この属性はこうである」…これらの言葉は、己の偏見と差別の種(たね)と今は見なされます。いきなりこんなことを申し上げるのは失礼かと思うのですが、気になってしまいコメントを残しました。長々と失礼しました。

  3. senryusato より:

    「お前は女なのか?」の言葉は私もよく言われました。
    逆差別もありますよね、「男のくせにチクリやだ」「男のくせにおしゃべりだ」「男のくせに
    よく泣く」これも昔ならいざ知らず、今は日本ではパワハラです。

    社会的な問題ではなく、会社のコンプライアンスとしてほとんど決められたことです。
    私も「男のくせに・・・」と言って重大注意を受けたことがあります。

    電通では「女のくせに女子力がない(化粧や髪形に気を使ってない。大人しくない)」と
    いわれ自殺者が出ました。
    厚生労働省はこの電通に2回にわたり乗り込みました。

    でも、家庭内で出るのは本当に致し方ないですよ。

    私の親戚の女の子は女の「くせに」、ちっともお母さんのお手伝いをしません。
    でも「女の子なんだから少しはお茶碗ぐらい洗いなさい」の言葉を
    飲み込んでますよ。お母さんすらそういうことは言わない。

    「差別だ!!!!」と言葉絶対かえってくるもの(泣)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。