また嫌なカビの季節がやってきた...

ドイツのように乾燥した国でも、冬になると現れてくるのがカビです。うちでも毎年浴室と寝室に現れます。写真は寝室のカビの方ですが、天井と壁の境 目に現れます。なぜカビが現れるのか? ドイツの建築物の密封性が高いからです。別な言い方をすると、通気性が悪いからとなります。冬になると寒いので、 ついつい窓を閉めたままにしがちで通気が悪くなります。そこでカビが発生するのです。

寝室の場合は、寝ている間に吐く息が結構たまって寝室の湿度を上げます。浴室の場合は勿論お湯の湯気です。

Kabi

今までに薬品に湿気を吸い取らせるタイプの除湿剤や数種類の乾燥機器をいろいろと試してみましたが、自然に任せるのが一番良いという結果になりました。

つまり通気です。部屋の中の空気が全て外のそれと同じになるくらいの長い時間窓を一杯に開けておきます。さすが自然の力。どんな乾燥機もかないません。でも既に出てしまっているカビは通気ではなくなりません。そういうカビはカビ取り薬品で取り除くしか方法はありません。

お勧めは、BIFFのSchimmelentfernerという洗剤(?)です。シュッと吹きかけると10分くらいでウソのようにカビが消えてなくなります。詳しくは、”住まいと暮らし”>”よく発生する困った問題”の下から2番目、”カビの発生” をご覧下さい。

写 真を良く見ると分かりますが、カビ取りスプレーを毎年かけるのでその部分の天井の塗装が膨らんできてしまっています。これは程度によって壁塗りを行う必要 が出てきます。壁塗りを行う前に古い塗装をはがさなければなりませんし、今までの古い色と新しい色は決して一致しないので、本当にきれいにするには全面行 う必要があります。気にならなければその部分だけでも勿論構いません。

germanydestart

川崎英一郎

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします! にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

* リピートブログは、その年に初めてドイツの生活をスタートされた方々のために毎年投稿されるブログです。

広告

ドイツの生活応援します!

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 住まいと暮らし
また嫌なカビの季節がやってきた...」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    日本でもカビ取りありますよ。毎年進化している。
    すごい効くんですが人体にも影響あるだろうなあ。ついつい使いすぎてしまいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。