さあ、そろそろドイツの寒い冬がやってきます。暖房の準備はOKですか?

温暖化のせいか、けっこう暖かいドイツの冬。20年前のドイツは、マイナス2桁の気温が珍しくなかったので、最近のドイツの冬は昔とは比べものにならないくらい暖かいです。

それでも暖房が効かないと寒い思いをします。暖房がきかない理由はいろいろありますが、簡単に直せる方法が二つあります。

一つ目は、暖房器具の中にたまってしまった空気を逃がしてやる方法です。暖房器具の中に

Entluftung空気がたまってしまうと中の熱水が循環しにくくなって暖房機の温度が低くなってしまいます。写真のように、暖房機の端っこにネジ穴が見えますので、専用ネジ(*) を使ってエアーを抜きます。

左に回すと、エアーと共に熱水が出てきますので、エアーが出ないで熱水だけ出るようになったら終了です。バケツか雑巾などを用意してください。ほんの数秒で終わります。
* 暖房器具エアー抜き専用ネジ = Entluftungsschluessel
Bauhaus等のホームセンターで売っています。
この時の注意事項ですが、この熱水は地下室などに置いてあるセントラルヒーティングのボイラーで温められますが、このお水が不足しても暖房能力が下がってしまいます。例えば水抜き作業で水を抜き過ぎてしまうと水分量が不足しまいます。この水分量チェックは普通、管理人さんや大家さんが定期的に行なってくれます。お部屋にボイラーがある場合は、自分で行います。方法は、管理人さんや大家さんと確認して下さい。

二つ目は、下記のようなタイプの場合、長い間メモリをゼロにしておくと、暖かくなるまでかなりの時間がかかることがあります。このタイプの場合、冬の間に長く留守をする時でも2(夜間暖房)のメモリに合わせておきます。

1~5までの数字が書かれたメモリのタイプが多く、1 が弱、5が強です。アパート内のどの部屋の暖房も冷たい場合はボイラー自体、あるいはボイラーからアパートまでの間に問題があることになります。

もしある特定の部屋の暖房だけ暖かくならない時によく起こっているのが、赤丸印のところの内部にある弁がこびりついてしまっていることです。毎冬前に起こり得ます。

弁は内部にあるので外からは見えませんが、その場合はトンカチなどの先が硬くてちょっと重みのあるものでその部分を軽く数回たたくと弁のつまりが取れて解消されます。

どうしても分からない場合は、まずはお隣近所に相談するのも方法ですが、最後は管理事務所か大家さんに連絡することになります。

冬はカビも増える季節。カビに関しては是非こちらをご覧ください

germanydestart

川崎英一郎

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

* リピートブログは、その年に初めてドイツの生活をスタートされた方々のために毎年投稿されるブログです。

広告

ドイツの生活応援します!

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 住まいと暮らし
さあ、そろそろドイツの寒い冬がやってきます。暖房の準備はOKですか?」への2件のコメント
  1. […] さあ、そろそろドイツの寒い冬がやってきます。暖房の準備はOKですか? […]

  2. 佐藤庸子 より:

    役に立つ。!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。