風邪の新特効薬大発見!

自称、医者知らず(*)、薬要らずの「超健康優良オヤジ」が、ここ最近たるんでいたせいか、久しぶりに風邪を引きました。

もうここ何年か風邪を引いていなかったので、それはとても珍しいことです。その理由を自分なりに考えてみると、ここ3ヶ月間ほど運動(ジョッギング)をさぼっているからでしょうか?

食べ物、運動、考え方のみっつで健康を保てる(風邪などを引かない) というのが私の持論です。詳しくはこちら ⇒ 進化が示す健康法則

実は現在、風邪以上に深刻な問題で困っています。今年の7月頃から坐骨神経痛というのに悩まされています。

腰椎の下の方から出ている坐骨神経という太い神経がお尻から足の中をずっと下まで通っていますが、その神経が痛むので走るのを休んでいます。

走れないこと以上につらいのは、長く座っていられないことです。誰でも同じ姿勢で何時間も座り続けているとお尻が痛くなってきますが、その痛みがわずか15分くらいでやってきます。

でも今回のブログは風邪の新薬のお話なので、坐骨神経痛についてはまたこの次に書きますが、そんな訳でもう3ヶ月も走っていないので、免疫が落ちて風邪を引いたのかもしれません。

でも世の中塞翁が馬。以前から、もし今度いつか風邪を引いたら試してみたかった、最高の風邪薬(?) を試すことができました。

さてそれは何でしょうか?

ホメオパシーでしょうか?

漢方薬でしょうか?

実はそれは「笑い」なのです。

お笑いがリューマチやガンに効くことが既に実験で証明されていますが、それは免疫が上がるからだそうです。いつかそれを自分でも試してみたいと思っていました。

今回丁度良い機会です。

お笑いに限らず、ワクワク・ドキドキしても免疫が上がるそうです。だから恋をするのも病気の治療に効くかも知れません。

実験方法はいたって簡単。ユーチューブなどでいくらでも出てくる漫才などをいやというほど見て笑い転げるだけです。

アンタッチャブルやサンドイッチマン、そして古いダウンタウンの漫才を続けて何本も見て笑い転げました。

さてその結果は?

正直を言うと、まだまだ自分の免疫がそこそこ強くて、それが理由ですぐに治ってきているのかどうかは実際のところ不明なのですが、どうもお笑いを見てからてきめんに治ってきている気がします。

お笑いを見て風邪(病気)が治るなんて素敵だと思いませんか?

だまされたと思って是非一度試してください。

ちなみに笑いで免疫が上がってリューマチやガンが治る実験で効かなかった人たちもいたそうです。

そういう人たちには共通点があったそうです。

お笑いが受けずに全然笑わなかったそうです…

 

* 外科を除く。怪我は多いので、深い切り傷などを縫ってもらったりする外科のお医者さんは逆に欠かせません…

川崎英一郎

広告

ドイツ自然療法士国家試験受験準備校に通う、健康オタクなおっさん

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 医療と健康
風邪の新特効薬大発見!」への1件のコメント
  1. senryusato より:

    『笑い』はガンの人にも免疫力をあげるみたい。よしもとを見た後の血液を調べるとかなり
    笑った後はよくなっているらしい。

    坐骨神経もつらいですよね(私はぎっくり腰で家の中を這ってました)。
    背の高い人に多いようなきがしますが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。