アメリカ大統領選とBorn in the USAから民主主義を考える

今日はドイツ統一記念日。でも、気になるアメリカ大統領選挙。

このまま行くとトランプが大統領になってしまう、最悪だ~と思っている方も多いことと思います。しかしそれでもクリントンよりはまし、というのが米国民の心境でしょうか。全米で嫌われている2人以外にもっとまともな候補がいるのですが、完全に蚊帳の外ということを先日書きました。

アメリカが変われば世界が変わる~大統領選挙で報道されない大事なこと

トランプのような男を多くの人間が支持するなんて、アメリカ人はどうかしているんじゃないか、と思うかもしれませんが、実は日本人もアメリカ人も、どの国も大して変わりない、と最近思います。

ところでBorn in the USA という大変有名な曲をご存知でしょうか。

bornintheusa

 

「ボス」ことBruce Springsteenの曲で1984年に大ヒット。当時現職のレーガン大統領が大統領選でその人気にあやかろうとキャンペーンソングとして無断使用。結果、抗議を受けながらも見事再選。

当時、現職の大統領であった保守派のレーガン。「強い正義の国アメリカ」。しかし彼が自身の選挙キャンペーンソングとして使用した「Born in the USA」は、アメリカという国家に見捨てられたベトナム帰還兵が、アメリカへの失望を語るという曲なのです。

歌詞では、生まれてこの方、差別され、犯罪に手を染め、ベトナム戦争で殺し合い、帰還兵ゆえの差別から職にもありつけない、いつも酷い目ばかりに遭ってきた、俺はそんなアメリカという国で生まれた、という苦痛の吐露、叫びがつづられ、ひたすらに暗い。夢も希望も愛も微塵もなく、大ヒットする要素が歌詞には一切ない。そんな歌が、大統領すら動かすアメリカの国民的代表曲として各地で大合唱される事態になってしまったのです。アメリカ人は英語がわからないのだろうか、と本気で首をかしげても不思議ではありません。

Born in the USA Bruce Springsteen

死んだような生気のない街に生まれ
歩き始めるとすぐに蹴っ飛ばされた
最後には叩きのめされた犬のようになり
人生の半分は人目を忍んで生きるようになる

アメリカに生まれて、アメリカに生まれて・・・

問題を起こした俺は黄色人種を殺すためにベトナムに送り込まれ、兄を失い、帰国しては差別を受けて職にも就けない。

と続き、最後は

俺は10年間、煮えくり返る思いで生きてきた
どんづまりだ、もうどこにも行くところはない

俺はアメリカの敗北者だ

と締められる。救いのない絶望だけがつづられています。

リフレインで「Born in the USA (アメリカに生まれた)」が何度も繰り返され、

対外的な「強い、正義の国アメリカ」イメージとのギャップを明るく力強い曲調によって皮肉った歌です。

ところが、レーガン陣営だけでなく一般大衆もこの曲の歌詞をほとんど理解せず素通りしてBorn in the USAの大合唱、いまだに「強いアメリカの象徴」みたいに誤解されている始末です。どうやらほとんどの人が、すべての歌詞を無視して、サビの「Born in the USA」と能天気に明るく力強い曲調だけを聞いているようです。

ちびまるこちゃんで、まるこが山口百恵の「青い果実」を意味もわからずに歌うシーンがあるのと同じことを大統領も含めたアメリカ中の大人がやっていたようなもの、あるいはもっとひどいかもしれません。

当のSpringsteenはあまりにひどく誤解されたままの状況に辟易し、後にこの曲を暗くとげとげしい曲調に書き変えて歌うようになりました。

一般大衆が、英語が母語であっても言葉の意味をまったく正反対にとらえてしまうというこの事実(というかすべて素通りしてリフレインしか頭に残っていない)、選挙と関連づけてみると次のように考えざるを得ません。

どんなに理にかなった丁寧な説明はまったく大衆の心には届かない。

ノリのよい刺激的なスローガンの連呼の方が圧倒的に大衆を動かしてしまう。

世界中にすさまじいムーブメントを引き起こして圧勝したオバマの最初の大統領選はどうだったでしょうか?

オバマは自らが歌う「Change」「Yes, we can」という強烈に魅力的なリフレインを持つ2曲をアメリカを超えて全世界に大ヒットさせ、加えて「初の黒人大統領」という売り文句が後押しして空前のセールスを記録。

オバマの大統領選はその年のマーケティング対象を受賞したそうです。

 

つづく

ASOBO! 山片

www.asobo.de

広告
タグ:
カテゴリー: 未分類
アメリカ大統領選とBorn in the USAから民主主義を考える」への1件のコメント
  1. Yuji より:

    トランプさんが大統領になり、沖縄の米軍が引き上げて沖縄が中国になり、北朝鮮のミサイルが数発日本国土に落ちれば今の日本も少しは良い方向に変わるかもしれない。今のままだと、海に落ちるミサイルがたまたま漁船に当たって死者が出ても何も起こらないのでは? 正に茹でガエル寸前状態の日本。身体の数ヶ所が急に熱くなれば気がついて煮立つ前の鍋から飛び出せるかも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。