忙しくてどうにもならないのも自分の欲から生まれるもの

忙しいとは、心を亡くすと書くそうです。
忙しさも各個人の欲から来るものだと思います。
あれもしなきゃ、これもしなきゃ、という欲をなくせば楽になります。
どこかで、「ここまで!」 と線を区切って止めないと、いつまでたっても仕事に追いかけられます。
もうちょっと、あと少しだけ、この仕事はどうしてもやっつけなきゃ…
ついつい多くをしようと欲張ってしまいます。
<善きサマリア人の実験>
プリンストン大の心理学者、ジョン・ダーリーとダニエル・バッソンがおこなったものです。
「善きサマリア人」というのは、新約聖書のルカ福音書にあるお話です。
「ある旅人が追いはぎに襲われ、半死半生のまま道ばたに捨てられた。通りかかった司祭もレビも(人徳あり敬虔なはずなのに)道の反対側を通り過ぎていった。ただ一人助けたのは、軽蔑されていた少数民族のサマリア人だった」というお話です。
この実験では、任意に選んだ神学生に、聖書のテーマに基づく談話を近くのビルまで歩いていって発表してくれるよう、依頼しました。歩いていく途中に、行き倒れている人に出会います。そのとき、どの神学生が立ち止まって、その人を助けようとするか?--これを調べようという実験です。
実験では、(1)学生が神学を選んだ動機の種類、(2)依頼する談話のテーマが「職業としての聖職者と宗教的使命の関係」か「善きサマリア人のたとえ話」か によって、立ち止まって助けようとするかどうかに差が出るかを見ました。
「人助けのような実践的なことをしたいから」という動機で、「善きサマリア人」の話をしにいこう、と思っている学生のほうが、きっと立ち止まって助ける割合が高いだろう、と思うでしょう? ところが、結果を見ると、動機や談話のテーマによる差は出ませんでした。
この実験では、もうひとつ学生への指示を変えていました。半分の学生には、「あ、遅刻だ。先方はすでに待っているから急いだ方がいい」と言って、送り出します。もう半分の学生には、「まだ時間はあるけど、そろそろ出かけたらどうか」と言って送り出したのでした。
学生の行動を唯一左右したのは、この「急いでいるかどうか」でした。急いでいるグループで立ち止まったのは10%、まだ数分の余裕があることを知っているグループで立ち止まったのは63%だったのです。
この実験の結論として、「行動の方向性を決めるに当たって、心に抱いている確信や、いま何を考えているより、行動しているときの背景のほうが実は重要である」ということが挙げられています。
私はこの実験に、「スローの力」も感じます。私たちが自分や人に対してぞんざいな対応をしてしまったり、地球環境のことを考えなかったりするのは、私たちの人格や性格、思考が悪いのではなくて、「つねに急かされている」という状況や背景の力が大きいのではないか、と。
そうしたときに、「スロー」の持っている潜在的な力を感じるのです。急かされていたら10%の人しか、自分や人や地球のために立ち止まり行動を変えないかもしれない。でも「スロー」でこころに余裕があれば、63%の人がそうするかもしれない。
忙しければどうしてもがさつになり、損をするのは自分です。でもそれは自分がそうさせているのではないでしょうか?
KAWASAKI
広告

ドイツ進出完全サポート ドイツアウトソーシング完全サポート

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス
忙しくてどうにもならないのも自分の欲から生まれるもの」への1件のコメント
  1. senryusato より:

    世界一心を無くしているのは今、日本かも。「働き方」を変える法を首相は作ろうとしていますが。
    「忙しすぎる」日本人は変えてもらわないとだめかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。